もののあわれについて991

くはしく聞きあきらめ給ひて、「さらば、まことにてもあらむかし。見ばや」と思ふ心いできぬ。薫「昔の御けはひに、かけてもふれたらむ人は、知らぬ国までも尋ね知らまほしき心あるを、数まへ給はざりけれど、近き人にこそはあなれ。わざとはなくとも、このわたりにおとなふ折あらむついでに、かくなむ言ひし、と伝へ給へ」などばかり宣ひ置く。弁尼「母君は、故北の方の御姪なり。弁も離れぬ中らひに侍るべきを、そのかみはほか…

続きを読む