国を愛して何が悪い258

室町末期である。精神史的には、何があったのか。 歴史はつねに激しい矛盾が、様々な形で共存しているものだ。たとえば河の流れがある。その向こう岸では戦闘や略奪がつづいているとき、川のこちら側では釣りびとが糸を垂れている、といった驚くべき呑気な状態がみられる。亀井 それは、日本の特徴である。 日本以外の、国、地域では、考えられないのである。西洋でも、大陸でも、戦闘があれば、住む人が皆、巻き込まれ…

続きを読む