国を愛して何が悪い260

中世は武家の時代だと言われるが、その権威が失墜したのが室町末期である。中世は仏教信仰の最も純化された宗教の時代だと言われるが、その権威の失墜したのも室町末期である。すでに源平合戦から承久の変を通って、院政の権威は失墜した。南北朝五十年にわたる内乱を通して公家の権威も失墜した。権威の名にあたいするあらゆるものが崩壊したところに生じた虚無感、これが下剋上の根本にあるもので、私は太平記を通して、南北朝…

続きを読む