神仏は妄想である591

ゴーマタ・シッダッタは、29歳の時、出家して、遍歴修行者となった。 これは、当時の常識で、道を求める人は、出家して、遍歴修行者となった。 出家とは、簡単に言えば、セックスをしない者になることである。これを、よく覚えおくことだ。 アーラーラ・カーラーマと、ウダッダカ・ラーマプッタという、二人の仙人を歴訪して、禅定を修めたが、その修行に満足することが出来ず、山林に籠って、修行した。 ここで、…

続きを読む