日々の言い分568

1960年代…東南アジアでは、アメリカとベトナムが激しい戦争を繰り広げていた。最新鋭の武器を次々と投入するも、粘り強いベトナム兵はなかなか降伏しない。日に日に悪くなる戦況…アメリカ軍はかつてないほど苦戦を強いられていた…そんな折、運悪く隣のラオスでも内戦が勃発。反政府軍がラオス王国政府に対して反旗を翻す。両軍の激しい戦闘によって命を落とした民間人、住処を追われた難民たちが街に溢れていた…人道支援…

続きを読む