日々の言い分108

北朝鮮が、ご丁寧に、日本攻撃を言う。
だが、国会では、森友、あるいは、マスコミは、豊洲問題ばかりが出る。

政党では、維新の会のみが、防衛についての、質疑をする。

民進党、共産党、社民党などは、一切それらの、議論をしない。
政党というより、クラブ活動のようである。

国民の、命の危険を察知しないのである。
呆れる。

これでは、韓国を笑えない。
馬鹿な韓国人も、北朝鮮が、ご丁寧に、釜山を攻撃するというのに、反日に、かまけている。

危機意識、皆無である。

これは、誰かの、何かの、陰謀かと、思ってしまうほどだ。

ミサイルを打つ。
そして、また、核開発をするという。

必要なものでなければ、作らないだろう。
使うものだから、作る。

北朝鮮の人民は、食糧難で、危機的状態にあると、国連が報告している。
だが、北のドンは、国民のことなど、眼中にない。

食料支援をしても、摂取するという。
飢える人民の、食料も、奪って平然としているのだ。

独裁とは、そういうものだ。

本来は、国際社会が、それを救うために、崩壊させてもいい、国である。

何故、崩壊させないのか・・・
それは、北が存在して、いい思いをする人たちがいるということだろう。

金である。
金を得ることが出来れば、それでいいと、する人たちがいる。

それが、最大の問題だが・・・

兎に角、日本は、非常に危険な状態にあるということ。
それが、国会では、維新の会のみ取り上げるという、異常事態である。

更に、与党自民党も、政府も・・・
あえて、それを掲げることなく、馬鹿な野党に付き合うのである。

今、大切なことが、何かを、国民にも、知らせて、議論するべきである。

秋田のある、漁村では、ミサイル攻撃の際の、避難訓練を始めたという。
当然である。

人が死んでからでの、対応は、馬鹿である。

メディア、マスコミも、全くその、危機意識が皆無であり、何か、謀略があるのではと、考えてしまう。

北朝鮮の攻撃を、無視させるような勢力がいるのか・・・

そして、日本をミサイル攻撃の被害に当たらせるという、とても、えげつない、考えを持つ人たちがいるのか・・・

日本転覆を考える、人たち。
過激派の人たちか。

呆れる。

更に呆れるのは、民進党の中には、あえて、森友問題に国会を集中させるべくの行為をする者どもいる。

共産党も、然り。

日本国民の、命は、何でもないと、考えているのだ。
売国行為である。
そういう、政党をまともに、支持している人たち・・・

民主党時代の、三年と数か月で、自民党が、いいと、気づいた私。
問題はあるが、政権を任せられるのは、自民党だと、思った。

これからは、新しい、自民党に対決出来る、野党を作りたいと思う。

そして、メディア、マスコミは、全く信用しない。

簡単に言う。
それらは、反日の在日に、握られている。
もう、白日の下に晒したほうが、いい。

反日左翼と、反日在日・・・
日本のガンである。