性について270

そしてBaDoinkVRまた、VRに多くのリソースを投資している。オキュラス・タッチはプレイステーション・VRと並んで今年の秋に発売され、HTCのヴァイヴはすでに手の動きを認識するハンドコントローラーをサポートしている。没入感を増大させることが重要な鍵となると、エルナンデスは語る。
「多分私たちは、もっと振動や触れた感じなどについてユーザーと交流し、このモデルがユーザーを満足させる方法を見つける必要があります」とエルナンデスは語る。そして続けて「もしもこのモデルが別のやり方で反応するとしたら、より興味深いものになるでしょう。例えばホットスポットを触れたときに、彼女がユーザーの触れた場所に基づいて特定の反応をするプログラムを技術チームが考え出すことができたとしたら、それは多くの人々の興味を得ることができます」と話した。
グライダーは、バーチャル・セクソロジーは正に氷山の一角だと語る。
「このドアを開け、大衆の想像力を捕らえることができれば、私たちは無数の性的な問題や障害を掘り下げることができます」とグライダーは語る。続けて「セックスへの恐怖や勃起不全のような物事のためにプログラムし、そして素晴らしい方法でこれらの多くの物事に触れることができるのです」とコメントした。
グライダーは社会がはるかにオープンになり、ポルノについても"エンターテイメントの別の形をしたもの"として受け入れられるようになることを期待している。その一方で、多くの人々がマスターズとジョンソンが1960年代当時に発見したのと同じような性的な問題を解決しようとしている。"より良いセックスをするにはどうすればよいか"─ VRは非常に古くからある問題に対し、極めて近代的な解決策で人々の扉を開こうとしている。


上記のように、発展している、性、セックスの世界である。

バーチャル・セクソロジーは正に氷山の一角・・・
つまり、まだまだ、多くの可能性があるということだ。

それが、バーチャルを超える程のものになる可能性がある。

つまり、セックスの世界が、全く今までとは違う世界になる。
一人で楽しむ、セックスも、然り。
これは、複雑化しているのではない。進化しているのである。

あらゆるセックスの形が、可能になるということだ。
性的快感を感じる、脳の一部を刺激することで、オーガスムスが得られる。それも、開発済みであろう。

それが、ある音楽と共に、流れると、自然に、性的快感が感じるというように。
こうして、人類は、また、新しい性生活を作り上げることになった。

生殖と、性交が、別物・・・
そして、生殖が、試験管によって、成される時代も、すぐ近くに来ている。
ただ、それに、ついて行けない人がいるのみ。

生涯に渡り、他との交わりを持たずに、セックスを楽しむ時代が、到来する。そして、それが、良し悪しの問題ではなくなる。

それこそ、個人の自由である。
他人を傷つけることなく、性を楽しむ時代である。

そこで、再度、性教育の必要性について、言う。
つまり、情報である。
性的快楽についての、情報を得ること。
そのために、カウンセラー、セラピスなどの、専門家が現れるようになる。

カップルでも、一人でも性生活を楽しむ時代。
更に、より豊かに、深く、性的快感を得るために・・・

すでに、ロボット技術により、セックスロボットの登場も、間近である。それは、より人間に近い感触の、セックスロボットである。

ダッチワイフの時代を経て、セックスロボットの登場である。
その、技術は、日本が最高になるだろう。

すでに、マスターベーションのための、ホールなどは、花盛りである。
様々な機能を持った、オナホールは、一人の男の性生活を作る。そして、女も、同様に、一人の性生活を作る。

そのような、時代に、性について・・・を書くことは、至難の業になるだろう。

次は、ある、男娘の書いたものを参考にして、紹介する。
驚くべき、セックスの事態である。