日々の言い分256

まだこのようにデフレ色が濃い状況ですから、アベノミクスの継続は不可欠です。アベノミクスをしたからこうなっているのだという論調も見かけますが、そうではなくて、アベノミクスでデフレからの脱却が始まりかけているのです。

新卒の採用などはここ数年で見違えるように良くなってきていますし、20代・30代の雇用も好転してきています。

しかし、あまりにも誤った経済政策、緊縮・リストラ路線の期間が長かったために、アベノミクスを何年も続けないとなかなか元には戻りません

とくに40代・50代の雇用や仕事は良くなっているようには思えませんし、中小企業・零細企業への融資や仕事の需要も低調な状態であって、東京オリンピック効果も全く見えません。

さらに、この40代・50代の低所得化というのが、その子ども世代の授業料が払えないなどで貧困化とリンクしています。

不況期に緊縮・リストラ路線をとるとまさに逆効果なわけですが、これがあたり前のように、バブル崩壊後の日本で実施されてきました。

アメリカやヨーロッパ、中国などは、このような緊縮・リストラ路線はとっていません。

そして、アベノミクスでようやくデフレ脱却がはかられているのですが、ここにきて、森友問題と絡めて、デフレ路線に戻そうとする内外の勢力の動きも顕在化しています。


上記の書き込みを見て・・・


デフレ路線に戻そうとする内外の勢力の動きも顕在化している・・・

これが、問題なのである。


内外とは・・・

国内と、海外ということになる。


この世は、平等でも、自由でもなく、差別満開、格差満開なのである。


更に、平和でもない。

こんな言葉に、踊らされる人々が多い。


実に、呆れることである。


それは、つまり、自分の意見など無い、あるいは、作られている。それは、洗脳されていると、考えると言いい。


マスコミに、洗脳されている。

おおよそ、左翼的考え方の人は、大半が、洗脳されているのである。


自分の言葉で、喋っているだが、本当は、誰かの、マスコミで聞いた言葉を、繰り返していると、言ってもいい。


もし、まともに、自分の言葉で、話すとすると、大変な情報量が必要である。


そして、まことの、情報を得るのは、大変な努力が必要なのである。


私は、多く書籍から得る、情報が多いが・・・

その他は、ユーチューブである。

そして、特別な、情報企画から得る。


マスコミは、一切、信用しない。

信じる者は、騙されると、決まっている。


テレビは、外出先で、流されているのを、見る程度である。

あれは、単に、馬鹿になるために、存在している。


また、馬鹿な人たちが、作っている。


現在、東京という、日本の首都での、デフレが激しいとの、報告である。


何せ、デフレ系の店が、兎に角、多数である。

食べ物屋・・・

大阪でも、名古屋でも、それほどではないのに、東京が、デフレのただ中にあるという。


これでは、どうしようもない。


東京から変えて行くこと。

と、いうより、東京に人が出過ぎているのである。


しかし、田舎には、仕事がないと、東京を目指す。

だが、その仕事に就くが、給与が安い。

お金が無いのだから、値段の高い店での、食事が出来ない。


と、その繰り返しが行われている。


では、どうれすば、いいのか。

それは、専門家に任せる。

素人の私が、云々するものではない。


ただ、警告している。


つまり、マスコミの、言い分に、頷く人たちである。


特に、反日左翼系は、安倍内閣を批判し、非難するという、一点張りである。更に、安倍内閣の総辞職を促す。


それで、本当に、日本が良くなるのか・・・

ならない。


今、安倍内閣に代わる、政権が登場するだろうか・・・

無理である。


何せ、野党に、政権を取る意欲が無い。

呆れるほどに、横に流れている。


兎に角、安倍降ろしをしているだけの、野党である。


安倍を下せというなら、その安倍に代わる、政権を示唆するべきである。

結局、それが出来ないのである。

呆れる。


札幌での、ある夜の事。

労働組合が、デモ行進していた。

そこで、叫ぶ言葉に、呆れた。


安倍政権を退陣させよ・・・

平和憲法を守ろう・・・

森友問題を追及しよう・・・


もう、呆れる言葉の数々で、何も、建設的な言葉は無い。

いい気なものである。

こういう人たちが、日本を停滞させている。

これでは、先に進まない。