日々の言い分270

年に、六度ほど、北海道、札幌に出掛ける。

地元である。


そこで、驚くべき、有様を見る。


それは、中国人である。

空港、電車、街中、至る所で、中国語を聞く。


北海道の土地が、中国人に買われているということは、以前から、知っていた。そして、乗っ取りの危険も、感じていた。


呆れるほどに、彼らは、馴染んでいるのである。


中国人だと、すぐに、解るのは、喧しいからである。

煩いのである。


更に、歩き食い。

勿論、今時の、日本の若者も、歩き食いをするが・・・


倫理も、道徳も皆無の、中国人が、北海道を占領したらと思うと、背筋が寒くなる。


何故、政府は、漢民族の入国を制限しないのか・・・

金になるというだけで、入国させていると、確実に、後悔することになる。


更に、北海道では、中国人に特別、運転免許を交付することを、検討していというが・・・呆れる。


そんなことをすれば、どうなるか・・・

想像するだけで、おぞましいのである。


人種差別ではない。

区別である。


日本人とは、全くその性質が違う。

あちらは、大陸の、更に、過酷な状況にある、手の負えない民族である。


人の事など、どうでも、いい。

他人のことなどは、鼻にもかけない民族である。


そして、更に、彼らは、日本のモノの、あらゆるものを、食い物にする。


日本の医療を、タダ同然で、受ける。

留学制度を利用して、日本で医療を受ける。


何百何の治療費も、二万で、終わる。

そんなことを、平然と行う民族である。


まだまだ、ある。

彼らは、反日教育を受けて、世界的にも、反日民族である。それは、朝鮮民族と同じ程度である。


何せ、中国人の、子供たちの、夢は、日本人を殺すことである。


そんな、民族を、日本は、気軽に受け入れている。

仰天する。


中国共産党政府は、勝手に、日本人をスパイとして、拘束する、政府である。

そして、明らかに、日本の敵である。


そんな、敵を、日本は、はいはいと、受け入れているのである。


私は、絶対に反対する。

勿論、朝鮮人の入国も、反対である。


反日思想の民族を受け入れて、良いことは、一つもない。


自分たちに都合の良い、歴史を作り、つまり、捏造して、反日を行う。

中国、朝鮮、共に、そのような、民族である。


在日という存在が、日本には、いる。

彼らは、特別扱いなのであるが、それが、当たり前だと、思っている。


日本に、感謝の気持ちなど、微塵もない。


朝鮮人は、戦争難民の、扱いを受けている。

それが、我が物顔に、日本にて、存在している。


祖国愛が強いというが・・・

それならば、繁栄した、韓国に戻るといいが・・・


日本に、いるのである。


つまり、居心地がいいのである。


さて、中国人である。

どこかで、規制をかけないと、益々、その気になって、日本で、のさばる。


日本人も、中国人、お断りとの、看板をかけるべきである。

何も、丁寧に、対応することはない。


嫌ならば、即座に、お断りの、看板を掲げることだ。


カナダ、オーストラリア、その他、中国人は、その地を、滅茶苦茶にしている。ようやく、それらの国も、気付き始めた。


このままでは、国が、危ういとの意識である。


マレーシアでは、マハティール元首相が、再度、首相の位置に就いた。

中国を封じ込めるためである。

中国から、大枚な金を得た、前首相は、逮捕されるだろう。


勿論、オーストラリアも、手を打ち始めた。

そして、ラオスも、中国寄りの姿勢を、撤回し始めた。


どんどんと、中国を排斥する運動が、広がるのである。


日本も、早々に、手を打つべきである。


それは、国民一人一人から、始めることだ。

どんどん、中国人お断りを、掲げるべし。


そして、居場所を作らないことである。


タイ、チェンマイの大学では、校内に中国人が立ち入らないように、看板を掲げた。

当然である。


ゴキブリである。

漢民族は、ゴキブリであるから、人間とは、考えないことである。