国を愛して何が悪い207

鎌倉仏教という、前代未聞の精神世界の中で、道元は、実に厳しい、戒律を作り、その中でしか、得られないという、仏法を掲げた。


戒律・・・

いかに生きるかという問いに対する、これが道元の答えである。つまり生きるとは戒律に生きることだ。日常坐臥のすべてがそうであらねばならず、それはまた全生活の徹底的な清潔化である。煩悩具足の凡夫のもつ無拘束性などは、絶対にゆるされないのだ。

亀井 現代文は私


極めて具体的でありながら、同時に、正法眼蔵は、複雑難解である。

それは、禅にある、不立文字という、考え方にある。


つまり、言葉にできないことである。

だが、道元は、語り過ぎるほどに、語る。


それだけ、今までにはない、戒律と作法なのである。


信仰は或るところまでゆくと、言説は絶えるものだ。語り難い最深のものを、あえて語る時、どういう困難にぶつかるのか。道元は事ごとに痛感していたであろう。

亀井


更に、宋の禅僧の直伝をもとにしているゆえに、翻訳の困難にも、直面したはずだ。漢語で書かれた信仰の微妙性を、いかにして、和語で伝えられるのか。


仏道をならふといふは、自己をならふなり。自己をならふといふは、自己をわするるなり。自己をわするるといふは、万法に証せらるるなり。万法に証せらるるといふは、自己の身心、および侘己の身心をして脱落せしむるなり。

現成公案 道元


生きることは、ただ、それのみの、こと。

非常に激しい、生き方である。


そして、それは伝わったのか・・・


道元の著述をつらぬいているのは、無私の奉仕の精神である。仏祖の教えを伝えるということ自体が奉仕である。・・・

亀井


もし、真に、道元のこの戒律なるものが、守られてあるならば、仏教は、まだ救われるかもしれない。

だが、それは、もう無理だろうと、思われる。


道元禅、曹洞宗の禅の世界は、廃れて久しい。

その門下、門弟の僧たちの、行状を見れば、解る事だ。


檀家に安穏として、危機意識皆無である。

更に、道元禅を伝えると言う、意欲に欠ける。

勿論、彼らなりに、それなりに、行為はしているだろうが・・・


この時代性に、合う形で説いているのか・・・

ただの、屁理屈となっている。


言語表現における戒律というものがあったにちがいない。論理思弁のことではない。「嗣法」「面授」「道得」「密語」といった実践の問題である。

ここで彼の言葉は、彼の言葉であって彼の言葉ではない。仏々祖々の直伝の声であり、万法の秘密を体現するためのそれは「行」である。

亀井


己にも、非常に厳しい態度である。


正法眼蔵は、幾重にも奥深く錯綜している言葉の密林のようなもので、伝え難い秘密に敢えて表現を与えようとしている苦行そのものの表現といってよい。

亀井


つまり、現在では、それを、どう解釈するのかという、問題のみに、関心が行くだろう。

そして、解釈しているうちに、死ぬ。


さて、道元は、嘉禎二年、1236年、37歳の時に、山城に興聖寺を建立しておよそ八年、そこで法を説き、ついで越前の永平寺へ移る。

伽藍仏教を否定しての、禅堂である。


鎌倉仏教の始祖たちは、皆、伽藍仏教を否定したのである。


日本の仏教史上初めて現れた、新しい形式の道場である。


念仏者の、教えの場とも違う。

まさに、正反対である。

私見だが、道元は、新しい仏教である、禅を起こしたのだと、考える。


それは、中国禅からのものであるが、そこに創作、創意が入り、日本の禅宗が現れた。

勿論、道元はそれを否定する。

彼は、その師である、宋の如浄から、仏陀までの、始祖の教えを伝えていると、信じている。


仏陀の教えを、誤りなく、伝えると言う、気概である。


「隋聞記」をみるとわかるが、貧困ということをいかに重んじたか。名利に対していかに厳格に戒めたか。王侯の身分を捨てて乞食修行し、菩提樹の下に坐禅して成道した釈尊の道を、そのまま当時に再現しようとして、仔細な規律と作法と心得をつくりあげたわけである。「釈尊に帰れ」といったときの第一義の道を、彼ほど忠実に歩もうとした人はいない。

亀井


確かに、道元は、仏陀の坐禅を復活させ得た人なのかもしれない。


そう願ったことは、否定しない。

だが、当時の始祖たちも、皆、同じ心境であり、皆、釈尊に帰れ、である。


当然、奈良仏教、天台、真言からの、迫害があった。


そして、今の時代も、また、同じことを言うのであろう。

歴史は、このように繰り返すのである。


だが、果たして、この道元の厳しい道に、歩む人たちは、どのような態度で臨んだかの。また、在家に対しては、どうだったのか。


これほどに厳しい、戒律を守り、自己を捨てて、万法に証せられるまで、耐えられる人がいたのか・・・


悟りを得ないといって、自殺する修行僧たちが、多々存在していたはずである。死ねば、仏に成るとは、何の冗談であろうか。


私見である。

死後の世界でも、道元ほどになると、坐禅をしていると、思われる。

強い、強いこだわりがある。

その思念は、霊となるのである。

つまり、道元の霊界である。


そして、もう一つ、加えて、現在の曹洞宗の僧侶たちは、本当に、道元禅を成しているのか、である。

私は、無理だと、言う。