日々の言い分360

鳩山政権は、日米関係を破壊した。菅政権時代、日中関係が破壊された。野田政権時代、日ロ、日韓関係が破壊された。そして、日中関係は、「戦後最悪」になった。つまり、3年間の民主党政権時代

  • 日本とアメリカの関係
  • 日本と中国の関係
  • 日本とロシアの関係
  • 日本と韓国の関係

最悪になった。これを【悪夢】といわずになんといいましょう。旧民主党の政治家さんたちは、毎日安倍総理を批判しています。しかし、安倍内閣になって、

  • 日米関係
  • 日中関係
  • 日ロ関係

劇的によくなりました。日韓関係は2015年末に「慰安婦合意」で改善され、今またひどく悪化しています。しかし、それで「安倍総理が悪い」と批判する人は、ほとんどいません。

というわけで、事実を振り返ると、安倍総理のいう「民主党政権時代は【悪夢】だった!」発言。「まさにその通りだよな」と思うのです。皆さんは、どう思われますか?


上記の書き込みは、北野伯幸氏のもの。


ところが、安倍政権になり、誰も、まともに安倍政権の良さを言わないどころか、兎に角、左翼は、安倍が悪いと言うばかり。

呆れる。


勿論、安倍政権が、すべて良いなとどは、言わないが・・・


何故、彼らは、左翼、反日たちは、安倍が悪いを繰り返すのか・・・


少なくとも、安倍首相が、保守であり、自民党だから。

与党自民党には、何を言っても、いいのである。


民主党時代の、大間抜けな事柄には、沈黙するという、馬鹿者たち。

私は、どちらにも、付く事はない。


安倍政権の、移民政策、水道民営化、種子法改正、その他、色々と、反対である。

しかし、外交だけは、安倍首相の手腕を認めている。


民主党時代は、散々だった、外交の有様である。


もし、あのままに、推移していたと思うと、ゾッとする。

悉く、敵に回していたのである。


安倍首相になり、アメリカ、ロシア、中国とも、それなりに落ち着いた。特に、アメリカのトランプ大統領とは、意見が違うにも関わらず、うまくやっている。


何せ、トランプ大統領の、真逆の提案をしても、トランプから、信頼されているという、仰天である。

批判はあるが、ロシアのプーチンとも、兎に角、和平交渉を続けている。


こんな、器用な首相は、今までにないのである。

と、いうことで・・・


批判ばかりをしている、左翼、左派、反日の、馬鹿者たちは、相手にならない。何せ、何一つ、前向きなに話はない。

明日に続く道の無い人たちに、何の力もない。


私は、そう思って、政治を見続けている。

そして、本当に、国を愛する政治家の、登場を待つ。


野党には、全く期待しない。

自民党の、三割程度の、まともな議員に、今は、期待するのみ。