日々の言い分361

そしてさらに恐ろしい作戦が、21日にトランプ大統領がTwitterで発言した「第3回目の会談開催の可能性」です。私自身は、今回の首脳会談が最後のチャンスであると考えていますが、第3回目の可能性をテーブルに挙げておくことで、アメリカが満足する結果が得られるまで、延々と会談は続けられ、それまでは対北朝鮮制裁の締め付けは緩めないというメッセージであると考えられます。

そして、報道されない現状として、アメリカの攻撃部隊がアジアに集結してきているという事態もあります。これは、第2回首脳会談の結果次第では、アメリカは対北朝鮮攻撃に踏み切るぞ!という無言のプレッシャーでしょう。つまり、表向きに伝えられているよりも、米朝間の関係をめぐる緊張感は思いのほか高まっているということになります。

そして、その緊張感は、北朝鮮側に立っている中国やロシアの動きを封じ込める役割も果たしています。両国とも米国が北朝鮮を攻撃するという事態は最悪のシナリオとなり、さらに朝鮮戦争時と違い、とても迎え撃つことはできないため、27日までは両国とも沈黙を保っています。同時に考え得る混乱に備え、すでに中朝国境やロシア・北朝鮮国境付近には、北朝鮮からの難民の流入を阻止するために軍隊が配備されています。つまり、北朝鮮は実際には孤立しているとも言えます。

しかし、その孤立を和らげているのが、文大統領率いる韓国政府です。国連安全保障理事会で合意された対北朝鮮制裁の内容に公然と違反して、包囲網を破っていますし、同盟国であるはずの日米両国をあの手この手で激怒させて、意図的に長年の友人を遠ざける戦略を取っています。その反面、北朝鮮との融和をどんどん進め、もしかしたら朝鮮半島の統一は近いのではないか、との幻覚を抱かせる効果も出ています。

それを演出しているのは、中国です。日米韓の同盟は長年、中国にとってはとても目障りな存在でしたが、このところ韓国が日米に反抗するようになり、同盟の基盤が崩れ去る中、中国にとっては国家安全保障上の懸念が薄まってきています。北東アジア地域における覇権を握るために、北朝鮮を通じて韓国に働きかけを行い、日米の影響力を削ごうとする願いが見え隠れしているように思います。

もし、米国が従来通りに北朝鮮への攻撃を躊躇ってくれるのであれば、中国の思惑通りに進みますが、仮にトランプ大統領が攻撃にゴーサインを出してしまったら、中国は究極の選択を迫られることになります。それは、あくまでも北朝鮮の後ろ盾としてアメリカへの対抗姿勢を貫くか、もしくは、北朝鮮・韓国を見捨てて自らの安全保障・存続を選ぶかの2択です。普通に考えると後者を選択するでしょうが、今、それが許されるための手はずを整えているように思います。


上記の書き込みを読んで・・・

可能性は、アメリカの攻撃である。

北が言う事を聞かない場合は、攻撃する。


そして、それは、中国、ロシアに対する、抑止力になる。

更に、北の資源獲得のためである。


キリスト教白人は、あの大航海時代から、何も変わっていない。彼らは、世界の指導者が、白人だと、信じ切っている。


アメリカと手を切れという、日本の人たちは、本当に、キリスト教と、白人というものの、正体を知らない様子である。

その、思想、つまり、教えは、非常に危険である。有色人種にとって。


白人は、神に似せて、作られたと、本気で信じるのである。

その意識から、抜けられない。

日本は、唯一、その白人と戦った、人種であり、国だった。

今こそ、もう一度、それを思い起こすべき。