玉砕271

中国人、この場合は、漢民族のことを言う。

彼らは、いつも、いつでも、嘘を言う。


その歴史も、大嘘の話である。

三千年の歴史から、四千年になり、五千年となる。


大東亜戦争、対米英戦争、第二次世界大戦の始まりも、中国のプロパガンダがある。


ルーズベルト大統領が、一人で反日意識旺盛だった訳ではない。

その20年ほど前から、中国は、戦争準備をしていた。というより、日本と欧米の戦争を望んでいた。


田中メモリアルという、偽文書がある。

天皇陛下に奏ししたものと言われる、文書である。


日本は、世界征服を企んでいると言われる、文書である。


最初は、国民党、蒋介石も、否定したが、そのまま世界に発信した。


要するに、日本を世界から孤立させるという、方法である。


その時点で、すでに中国は、日本を侵略国として、世界に発信していたのである。


そして、世界も、騙された。

更に、それぞれの国益である。


日本が、満州の国益を追求することが、アメリカの癇に障り、アメリカは戦争準備をする。

日本を、戦争に追い込めるという、やり方である。


もう一つは、ソ連の共産主義の、世界組織、コミンテルンの仕業である。


日本人は、今でも、人が好いと言われるが・・・

今も、昔も、人が好い。


ことごとく、情報戦に敗れたのである。


更に、国内にも、心ない人たちがいる。

つまり、売国奴と言われる人たちである。


特に、共産コミンテルンの配下についた人たち。

今、現在も、存在する。


日本共産党も、その一つであり、その支持者も、それである。


先祖の因縁の悪い、人たちである。


さて、日本の敗戦が確定して、即、ソ連が日ソ中立条約を無視して、満州から、樺太に攻め入った。

その蛮行に関しては、後々に、書くことになる。


日本の敗戦により、益々と、中国は、嘘を言いはじめる。


日本軍は、野蛮であり、その蛮行は、甚だしいと言う。


その一つが、三光作戦というものだ。

日本には、三光作戦などという、言葉は無い。


それは、中国の言葉である。

つまり、彼らがやることを、日本軍がやったと、喚きたてるのである。


三光作戦とは、中国人を殺し尽くし、家を焼き尽くし、財産を奪い尽くす、というもの。


それは、中国の、軍隊がやることである。と言っても、中国には、まともな軍隊はない。

それは、匪賊、馬賊に似た組織である。


それらが、やることを、三光作戦と言う。

が、日本軍がやったと、喚くのである。


そして、また、日本には、朝日新聞のように、それらを、真に受けて、報道するという、売国新聞もある。

ちなみに、毎日新聞も然り。


731部隊という、コレラ菌散布の話もある。


昭和18年、1943年、九月である。

山東省の臨清県一帯に、雨が降り続いた。

近くを流れる運河は、溢れて増水する。


これを絶好の機会とみた日本軍が、農民を根こそぎ抹殺するため、コレラ菌を流し入れ、堤防を決壊させる。


狙い通りに、コレラが流行すると、日本軍は、大部隊を動員して、コレラ作戦を開始した。

村に出掛けて、コレラ患者を追い立て、まだ発生していない村に、患者を追い込む。

そして、コレラが蔓延して、農民を一掃出来るとのこと。


結果、二万とも、二十万人ともいう、膨大な犠牲者を出したというものである。


この、二万とも、二十万とも、という言い方である。


だが、嘘だということが、明確になっている。

つまり、堤防の決壊命令を出した将校、コレラ菌散布の命令を受けた将兵、コレラ菌を関係者に手渡したという、防疫給水班の下士官など、その証言がそろっている。


つまり、それらは、嘘だという、証言である。


一事が万事、このような、嘘が多い。

と、いうより、すべて、嘘である。


そして、それを本当のように、世界に拡散させる。

この手の、プロパガンダは、今も、延々と行われている。


確かに、そろそろ、世界の人々も目覚めて、中国人、漢民族を信用しなくなったが・・・

それでも、反日旺盛な民族は、中国の手先になる。


例えば、韓国、北朝鮮である。


昔から、東アジアは、反日旺盛である。

何故か・・・


成功する日本が、憎いのである。

日本の、上前を撥ねたいのである。

実に、呆れる。