日々の言い分393

中国の人口は、3億人の都市戸籍所有者、奴隷的扱いの3億人の農民工・7億人の貧農で構成されている。
ところが、日本人の生活水準に近い3億人が誕生しただけで世界中がおかしくなってしまった。
既に、中国のバブルは弾けている。
中国共産党政府が無駄な抵抗をしたため、より傷は深まっている。
「集団的幻覚」が一旦、崩れると一気に崩壊してしまう。

政府も企業も個人も膨大な負債を抱えている。
中国の経済成長は、「債務膨張」という砂上の楼閣そのものである。

「人口ボーナス」から「人口オーナス」つまり、衰退期に突入している。
貧しい国が豊かになると内乱が起こり、豊かな国が貧しくなると戦争が起こる。
なので、恐らく都市住民は1億~8000万人程度に止め残りは、下放される。
そして、中国共産党が究極のAI監視社会・デジタル全体主義国家で内部を引き締めくれる分には、日米とも大歓迎である。難民も発生しない。
内戦により分裂国家となり、巨大な難民が脱出するとなると周辺国家は迷惑する。世界がもたなくなる。

現在、付加価値の低い分野は人件費の安い国々に奪われ、先端技術分野はアメリカに狙い撃ちにされている。
日本企業にとっても、技術の強制提供や資本移動禁止の中国は、魅力がないものとなっている。
損切りの躊躇は、より以上の損害を被る。
最早、習近平はAIによる支配者と奴隷の関係を構築する第二の毛沢東になる途か残されていない。
第二の文化大革命起こすのだ。
それ以外に中国及び世界を救うのは不可能である。

朝鮮半島は、中・露も要らない。日米は懲りている。自民族による統治の経験を欠くため、通常の付き合いが出来ない。
そして、中国はガチガチの共産主義者らしく巨大な北朝鮮たれである。
そうなれば、世界は平穏を保障される。


上記の書き込みを読んで・・・


まさに、中国共産党という、巨大国家が、崩壊する様を、見る時代になった。

もう、限界である。

大きすぎるのである。


更に、自業自得である。

彼らは、漢民族である。

中国人と一口に言っても、漢民族が主導している、国である。


中国の歴史は、それぞれの王朝の歴史であるから、四千年などというのは、大嘘。

今の政権は、70年程度である。


漢民族は、共産主義が似合っていたのか・・・

それを捨てられない、政権である。


準じて、朝鮮半島は、統治能力がない。

皆無である。

気の毒としか、言いようがない。


漢民族は、半島も、飲み込む勢いだったが・・・

その前に、潰れる。


とんでもない、全体主義国家になる。

貧しいままが、幸せだったのか・・・


日本の人口程度の人たちが、豊かになった途端に、これである。


日本企業は、早く、中国から手を引くことだ。

遅ければ、遅いほど、無利益になる。

また、被害が、甚大である。


それにしても、中国に進出をそそのかした、日本のマスコミとは、嫌らしい。

更に、その責任は、負わない。


小沢一郎という、馬鹿な政治家が、中国に大層な政治家を引き連れて、何と、私は、人民解放軍の一兵卒だと、宣言したが・・・実に、愚かで、馬鹿者である。


そんな、政治家があるか・・・

中国、つまり、漢民族の支配に屈すると、言ったのである。


日本は、アメリカの植民地である。

それで、平和なのだ。

しかし、自立する必要がある。

もう、敗戦から、70年以上を過ぎた。

自立するのは、国であるが、日本人、一人ひとりが、自立しなければならない。


その、自立は、経済大国であれば、軍事大国であるという、世界の常識を持つこと。

戦争は、好まない。しかし、戦争回避するめには、軍事力が絶対に必要なのであるという、現実を、国民の一人ひとりが、自覚すること。


それほど、人類は、進化していないのである。

それが嫌なら、別エッセイ、生きるに意味などない、死ぬ義務を読んで、死ぬ支度をするべきである。