日々の言い分467

ジム・ロジャーズは、とても良い提案をしている。


世界的に農業従事者の平均年齢は上がる一方だ。日本でも農業従事者の平均年齢は約66歳と高齢で、一部の地域では農業従事者がいなくなり、空き農地も増えているという。

農家の子供たちは、東京や大阪に移り住んで別の仕事をしている。これまでのように血縁による後継者だけに頼ってくれば、日本国内には農業の担い手がいなくなり、やがて日本の農業は衰退してしまう。

ジム・ロジャーズ


しかし、これが10年後は、大成功すると、言う。


ちなみに私は、どんどん衰退するといいと、思っている。

そのうちに、人がいなくなった農地を、ロボットが働くようになると、考える。


そして、それは、理想的である。

だから、その準備をしている人が、大成功するだろう。


過疎になる地域が、日本を覆う。

それで、いい。


どんどんと、人がいなくなることで、新しい道が拓ける。


しかし、担い手さえ見つかれば、競争がない日本の農業には明るい未来が待っている。食料を生産できるというだけで、かなりのお金儲けを期待でき、将来は安泰だ。ライバルが少ない今のうちに農業を始めれば、15年後には農家として大成功し、「ここで働かせてください」と言ってくる人が次々と現れていることだろう。

ジム・ロジャーズ


さまに、その通りである。

それが、私の言う、ロボットである。


人間より、ロボットの方が、断然良いのである。

私が、金儲けが好きなら、今すぐに、準備をするだろう。


もっとも、日本人が動かずとも、いずれ日本に移民が増えれば、彼らが自ら農地を買って農業を営むことになるだろう。そして職を失った日本人を労働者として迎え入れる可能性もある。定年退職した60代の日本人も意外と農業を大きな成長産業にするには、外国人を受け入れることが必須条件ということだ。

ジム・ロジャーズ


私が、タイ、チェンマイで出会った、ミャンマーの青年が、お金があれば、日本に行きたいと言った。

そして、農業をやりたいと。


ミャンマー、ビルマの青年たちは、農業が好きである。

彼らに、道を拓けば、親日であり、希望の日本での農業が出来る。


ちなみに、その青年は、ミャンマーでも、農業をしていた。

何らかの事情で、タイに出稼ぎに来ていたのだ。


移民にするなら、東南アジアの人たちが、いい。

また、難民でも、ミャンマーの人たちを受け容れると、いい。


彼らは、贅沢をするために、日本に来るのではない。

理想的な、働き場所が欲しいのだ。


日本政府は、若者や外国人を農業の担い手として受け入れる環境を整えるべきだ。並行して農業を保護する政策は廃止すべきだと考える。ブラジルやアメリカといった世界の農業と伍していくには、低賃金労働を取り入れて価格を下げることが絶対条件だからだ。

ジム・ロジャーズ


農業保護の元で、どれほど、与党議員が、悪さをしたか・・・

自民党である。


そして、農業を堕落させた。

その昔、農家には、新車が何台もあった。

その馬鹿息子たちに、買い与えたものである。


国の金をばら撒いたのである。

それも、呆れる程。


そんな農家が、衰退するのは、大変良いことだ。

先祖代々の土地を捨てて、農家の子孫たちは、その怨念に苦しむだろう。


また、日本の農業技術の価値に目を向けることにも大きな意味がある。肥料や農薬、流通コストが高い日本においては、ICT、情報通信技術、システムを利用した栽培技術の向上や大規模農法の開発といったイノベーションが求められるからだ。そのためには国内農業に対して投資を通じたお金の流れを増やす必要もあるだろう。

ジム・ロジャーズ


現在の、政治家、与野党問わず、未来のことを、全く考えていない。

馬鹿、アホの集団である。


そして、更に悪いことに、彼らが死んだ後の、日本の状態など、何も考えていない。


政治家が駄目なら、起業家、企業家が考えるべきである。


技術力の高さにおいて世界から信頼されている日本が、素晴らしい農業技術を開発できたなら、技術を海外に輸出して外資を獲得することも可能となるはずだ。こうした状況を生み出すためにも、日本の農業に若きプレイヤーをもっとたくさん呼び込まなくてはならない。

ジム・ロジャーズ


つまり、日本には、希望の道が沢山あるということだ。


それに、気付くか、気付かないだけの話。


日本政府は、2018年に、米の減反政策を廃止した。

それは、とても、良いことだった。


更に、法改正で、農業への参入の壁が低くなった。

それで、若い農業参入者も出て来た。

元会社員が、農業法人を設立して、年商12億円の売り上げを得るまで、成長させたという。


つまり、気付く者が勝ち。

馬鹿、アホは、流れて生きるだけで、生きる価値は無いのである。


人生は、創造である。

この衰退する日本に、実は、多くの宝があること。

それに、気づく事だ。


私の、嫌いな人、ジム・ロジャーズに、教えられる。