くたばるぞ北海道15

玉砕292より、転載する。

北海道に絞ったものを、書き続けるために、今少し、準備している。

今回で、玉砕からの、転載を終わる。


改めて記しておくが、筆者は町の活性化を願う釧路市や苫小牧市の努力に水を差すつもりはない。だが中国との付き合いは、いかに経済交流とはいえ欧米諸国とは違った距離感があってしかるべきだと考える。一帯一路とは、疑わしいプロジェクトを餌に途上国を略奪的な融資に誘い込んで相手国を借金漬けにし、影響力拡大を狙う「債務の罠」でもある。

パキスタン、インド洋のモルディブ、マレーシア等々は、こうした一帯一路のいかがわしさに、ようやく気付き始め、契約を破棄したり、ご破算にしたりしているのだ。

佐々木類


つまり、ここで日本政府の、制作について言い分がある。


反米基地闘争の沖縄には、毎年、3000億円以上の、振興費が落ちているが、北海道は、全く、感心が無いようである。


今、北海道の振興策に、真剣に取り組まなければ、後々に、大変な後悔が待っているということだ。


沖縄は、甘やかし過ぎ。

北海道は、放って起きぱなし、である。


日本の食糧倉庫である、北海道を、どのように支援するのか、である。

道内の、与野党国会議員も、役に苦に立たない。

呆れるばかりである。


旧ソ連が、日ソ不可侵条約を破り、日本に宣戦布告した。

それは、北方領土ばかりか、北海道そのものを占領、略奪する目的だった。

その拠点が、釧路市である。


もし、トールマン大統領が、認めれば、ソ連は、北海道の北半分を領土にするつもりだった。


北海道の南北を二分する境界線は、東岸の釧路から、西岸の留萌である。


昔は、ソ連、今は、中国が、それを狙う。


不可侵条約を破り、日本に宣戦布告した、ソ連の蛮行を決して、忘れてはならない。

その際の、大陸に居住していた、日本人の多くが、ソ連兵により、虐殺、凌辱されれている。


更に、シベリア抑留である。

60万人の兵士、死者は、6万人である。


そして、現在は、共産主義の独裁政権、中国が狙っている。


さて、ここから、話しを変える。

奄美大島への、大型クルーズ船誘致話は、2019年夏、頓挫した。


島の南東部にある、瀬戸内町の鎌田町長が、誘致断念を発表した。

内容は、省略する。


何せ、中国人、漢民族を、6000人乗せた、大型クルーズ船を入れると言うのである。

道徳、倫理の無い、漢民族を、奄美大島に受け入れるとは、考えられないのである。


そこで、賛成していたのは、自民党、公明党、そして、シナリオを書いたのが、国土交通省である。

国土交通省とは、いつも、公明党の議員が大臣席を占める。


与党が、この体たらくである。

呆れる。


詳しい内容は、日本が消える日、佐々木類氏の、著作を勧める。


ちなみに、沖縄の宮古島への、クルーズ船は、2016年度に、85隻来ている。

17年度は、147隻。18年度は、150隻である。


島の人たちは、もうこれ以上、来ないで、と言う。

当たり前だ。


2019年3月、陸上自衛隊の基地が出来るのに狙いを定めたかのように大型クルーズ船の寄港は、奄美大島と同じで、何やら裏がありそうな、うさん臭さを感じさせる。クルーズ船に、民間人を装った人民解放軍の工作員でも乗せるつもりではないかーーーと勘繰りたくなるタイミングの良さだった。

佐々木類


彼ら、漢民族は、我が物顔に、島を闊歩する。

宮古島の自然な風景を、勝手に壊すのである。


実は、そのクルーズ船で、とんでもない事件が起きている。


2019年7月30日付けの、ニューズウィーク電子版には、米南部フロリダ州マイアミを拠点とする、RCI社の関連クルーズ船内で、15歳の少女が船室に連れ込まれて、集団レイプされた。


米運輸省によると、クルーズ船で発生した性的暴行事件は、2016年から19年4月にかけて、220件にも上る。


もし、それを、釧路市や苫小牧市に持って来ると、言い始めたら・・・


兎に角、中国の侵略の手は、人なのである。

居留民でも、観光客でも、中国人で溢れさせることで、侵略の一歩となる。


すでに、その戦争が、北海道で始まっ入るということだ。

これに気づく、賢い道民はいるのか・・・

国民はいるのか・・・


何せ、政治家たちも、乗せられているのである。

政治家たちを、半分以上、入れ替える必要がある。


与野党共に、ロクでもない者ばかりが、政治家をしている。

国を守る、国民を守る。そして、国益を考えるという政治家かいないのである。


こんな不幸は、もう、お終いにしたい。

だから、私は、新しい政治家を求めている。


特に、北海道から、上質な政治家を出す事だ。

今の、政治家たちは、アホ、馬鹿、間抜け、糞ったれである。


人間の種類が、上記の四種類であると言う。

政治家が、最低である。


選挙の際は、国の為、国民の為と言うが、当選すると、何のことはない、自分の生活のためである。


そろそろ、国民は、目覚めるべきである。

祖父の代から、支持していた・・・

それは、もう、終わりにすること。