日々の言い分484

ところで中国で発生した新型ウイルスは、韓国、イラン、イタリアなどで感染が広がり、いずれも6000人から1万人規模の感染者を出している。韓国は中国の隣国なので人の往来も多く、感染の抑制はなかなかむつかしいが、中東のイラン、ヨーロッパのイタリアで感染が広がったという事実は、新型ウイルスの登場に伴って国ごとの対応の違いが問題になるので、今後、研究が進むだろう。

そのなかで人の往来や貿易量が極めて多い日本の感染者が500人程度に収まっているというのは、テレビが報道するのとは真逆で、「日本は現在のところ、感染拡大を抑えるのに成功している」と表現するのが適当だろう。アメリカのやや信頼性の低い論文にII型肺胞細胞を持つアジア人が感染しやすいという記述があるが、この細胞を持った人が多いと言われる日本人より、もっとも世界で少ないと言われている北部イタリアの方が感染が多いという事実は、まだまだ確実な研究はないことを示している。

いずれにしても、中国と近く、人の往来も多く、貿易量や中国に工場をもっている会社も多い日本の感染者が世界的にみて少ないというのは不幸中の幸いである。現在は安倍首相の呼びかけもあって、小中高等学校の休校をはじめ会社や行事なども自粛しているので、感染者(この感染者がどこにいるのか全く不明なのがもどかしいが)との接触の機会は少なく、新規感染者はまだ1日数十人の段階にある。このまま感染の増加を防ぐことができたら、日本は世界でも新規なウイルスに対する感染を防止した国として注目されるだろう。

ただ、問題は「日本国内の反日マスコミ」である。日本以外の国、特に中国や韓国は「自分の国が不利になることは報道せず、有利になることだけを報道する」という特徴があるが、日本のマスコミは反対に「日本が不利になることを報道し、有利になるニュースは報道しない」という反日的である。たとえば、日本国内の感染が400人だった時に突如としてNHKをはじめとした日本のマスコミはクルーズ船の感染者を含めて1000人と報道し始めた。

これによって世界で8番目の感染国だった日本は主要感染国4つの次になり、海外への日本人の移動などに制限がかかった。クルーズ船の感染者は国内感染とは言えないが、どこかのテレビ局が危険をあおるために報道すると、他の局も右へならえして、日本人に被害を与えるというのはいつものことである。(メルマガより一部抜粋)


上記は、武田邦彦教授の書き込みである。


日本のマスコミは、信じていないので、どうでも、いい。


さて、本家の中国であるが、とんでもないことを、言い始めた。

世界は、中国に感謝せよ、である。


何の冗談かと思うが・・・


現代のヒトラー、習近平は、武漢でのコロナを隠して、それを危惧した歯科医師も、死んだ。


共産主義とは、嘘、人殺しの思想であるから、驚かないが・・・


人民が死のうが、関係ないのである。


レーニン、スターリンをはじめ、多くの共産主義者は、自国民を殺し続けて来た。

ポルポト、毛沢東・・・

そして、大嘘を言うのである。


イタリアなどに、支援の手を差し伸べて、言うのである。

中国に感謝せよ、と。


日本には、大事にしないでくれと言い、日本より先に、日本人の入国を禁止した。

そして、お人よしの日本人は、また、利用されるのである。


呆れ果てた・・・


そんな国と、民族に、まだ未練がある、日本人の面々である。

政治家なら、自民党の二階幹事長など、笑いものである。


親中だと・・・ところが、自民党には、三分の一程度の、親中、親韓がいるから、また、呆れる。

そして、企業である。


人口が多いので、利益になると、中国に投資する、工場を建てる。

そして、最後は、その利益を、取られるのである。


漢民族とは、単なる、ドロボーである。

人もどきの民族である。


勿論、朝鮮人も、漢民族に次ぐ。

共に、救われない民族なのである。


そろそろ、日本と日本人は、騙されるのを、止めることだ。


中国人お断りではない。

漢民族お断り、なのである。