日々の言い分497

日本政府は消費税引き上げで内需を縮小させ、新型コロナウイルスでも対応を間違ったので、そのツケは最終的には国民がかぶることになる。しかし、国民が平等にツケをかぶるのではない。

上級国民や上流階級は、消費税が多少上がっても高い収入によってカバーできる。景気が悪化して影響を受けるとしても、大きな資産があるので金銭面の不安はそれほど大きなものにならない。

しかしアンダークラスは違う。収入が激減すると今日の食事にも影響するし、資産や貯金というクッションもないので景気悪化はダイレクトに生活の不安に直結する。そうであれば、自分の生活を戦略的にダウングレードすることほど効果的なものはない。

あえて生活の質を落とす。よけいなことをしない。それに尽きる。どのみち景気悪化が続くと、いずれ誰もが現状を維持できなくなる。すると、否が応でもダウングレードに追い込まれる。

手を広げた生活をしていると、失うものも多くなる。逆にダウングレードを心がけていれば、世の中が自壊していってもあらかじめダウングレードで準備しているので、影響を最小限に食い止めることができる。

よけいなものを持たず、よけいなことは引き受けず、よけいなことはせず、静かに日々を送るのは、先行きが見えない時代では最強の生き方となる。

虚勢を張っても仕方がない。

生活をダウングレードし、よけいなことをせず、充分に自分の時間を確保すれば、世の中が激震していても対処できる「幅」が大きくなり、サバイバルにもなる。

消費税の引き上げや新型コロナウイルスの問題によって経済環境の悪化が静かに忍び寄っている今、戦略的にダウングレードしていくという作業は持たない人間であればあるほど必須のものとなる。

世の中が悪くなればなるほど誰も助けてくれなくなる。今から生活をダウングレードせよ。それは、戦略だ。


上記の書き込みを読んで・・・


まず、物を買わないことだ。

物を買わないとは、どんなことか・・・


まず、政治家たちが、官僚たちが、そして、財務省の面々が、青ざめる。


これは、国民の政府に対する、いや、国会議員に対する、呪いとなる。


最低限の物しか、買わないのである。


中小企業が倒産し、そして、大企業も、力を失う。

すると、国全体の経済が、沈む。


一度、最低の程度まで、沈ませることだ。


また、いつでも、浮かぶチャンスはある。


良い生活を送り、のうのうとして生きる、与野党の議員たちに、国民の根性を見せつけることが、大切。


選ばれたと思っていると、大変な目に、ということだ。


何故、議員になるのか・・・

自分のためである。

年間、二千万円は超える、金を貰い、更に、経費を一カ月、百万程度も、貰う。電車、新幹線、飛行機は、タダで乗る。


だが、本当に、国民ために働くのは、ごくごくわずかな、人たち。

与野党共に、そうである。


何せ・・・

一番、重大な時に、何をやっているのか・・・

国会を見れば、解る。


呆れる議論を、延々とする。


即座に、国民一人に、50万円を配るという、心意気もない。


海外に、大枚な金は、出す。

だが、国内、それも、重大な危機に際して、何の力も持たない。そんな、議員は、いらない。


もう、終わりにすることだ。


あるいは、天皇陛下に政治を返して、天皇が議員を任命する。

勿論、無報酬である。


議員は、陛下の御心に添い、国民のための、政治をする。


民主的ではないと言うか・・・

最も、民主的である。


何せ、国民のために、政治をするのである。


一部の団体、宗教、その他、馬鹿な集団に、乗っ取られるような、政治家は、いらない。


天下国家のための、政治家である。

いや、、国民に奉仕する、政治家こそが、尊い。


と、いうことで・・・


悪の集団、国連などに、何も言われる、筋合いは、無い。

無視すれば、いいのである。


話を戻す。

一番、被害を受けるのは、貧しい人たちである。


日本には、人口の半分以上が貧しい人である。

一億二千万人。

その、半分である。


もう、他国を、最貧国などと言う、国ではない。

日本は、すでに、十分に貧しい国になっている。

国民が、馬鹿、アホだから、気付かないだけ。


このまま、アメリカの植民地でいるか、否か・・・

中国共産党と、切れるか、否か・・・


韓国を、切れるか否か・・・


もうそろそろ、日本は、日本人の国にすることだ。