玉砕303

武漢コロナで、世界を騒動のただ中に入れて、何をやっているのかと言えば、尖閣諸島に毎日、公船を、漁船を出し、台湾の上空に、攻撃機を飛ばす。


更に、南シナ海では、軍港建設である。

覇権を目指して、無我夢中である。


その中国では、マスク業者が倒産多数。

世界の何処の国も、中国マスクを返品している。


最初は、世界のマスクを買い占めて、最後は、矢張り、面子を潰す。

これが、漢民族である。


その歴史を俯瞰すれば、良く解る。


4000年程度の歴史の中で、漢民族は、異民族に対して、差別、虐待、支配、虐待、侵略を繰り返してきた。


また、朝貢制度、冊封体制から、人権無視の行為を続けてきた。


更に、それらは、20世紀初頭まで、続けられた。


殷、周の時代から始まる、交代期には、同じ民族を、3000万人から、5000万人も、虐殺してきた。

共産党政権も、然り、


軽く、1000万人を超える数の中国人、漢民族を殺した。

数十万も生き埋めにし、墓を暴いて、死者に300回の鞭を打つなど、限り無い、野蛮な行為を続けて来た。


飢餓の際には、人間も食するという伝統がある。

日本軍が、人肉を食らうのではない。

彼ら、漢民族の伝統として、人肉を食らうのである。


決して、日中友好などは、あり得ない。

それは、戦争博物館に、日本軍の野蛮さを捏造して、人民に見せているからである。


自分たちの行った行為を、棚に上げて・・・


まあ、中国史を書くつもりはないので、この辺でやめるが、呆れるのも、程がある。


現在の中国は、共産党の一党独裁政権である。

人民の要求は、一つの党を通してしか、伝わらない。


独裁政権には、反対派が、また人民の不満を汲みあげる野党がない。

そこで、反対派は、直接行動に出るしかない。


これに対して、共産党政権は、他の問題に振り替える必要がある。

それが、反日である。


徹底した、反日教育は、共産党の政策が失敗し、人民が不平不満の目を、政府に向ける時、それを、日本に振り向ける。

要するに、逃げ道としての、反日である。


建国から40年近く、労働者の平等を説いたが、その共産主義理論を放棄し、自由競争の資本主義に、回転した。

それが、大失敗の元である。


人民の不満は、天安門事件として、共産党に向かった。

だが、戦車で、人民、学生を、踏み潰したのである。


相当数の、人間、人民が死んだ。

だが、反省も、謝罪もない。

逆に、その事件を隠す。


そして、世界に対して、どうしようもないと気付くと、日本を利用する。

天皇陛下の、訪問である。


日本を散々に、利用するのは、共産党の最初からのことだ。


共産党政府が、共産主義を捨てて、人民の不満を、愛国主義に向けた。それが、反日の正体である。

これをしたのは、江沢民である。


宮中晩餐会に招かれて、挨拶した、その姿が、傲慢不遜だった。


どこまでも、未熟な人間として、漢民族を認識するべきである。


日本の、日中友好を語る人たちは、日本を中国に売る人たちである。


そこで面白いのは、愛国主義の下、常に、日本は右翼化している、軍事主義化していると、言う。


中国自身が保有している、核兵器、戦略ミサイル、原子力潜水艦、爆撃機などは、軍事侵攻能力の最たるものである。

中国こそ、軍国主義であり、右翼化国家と言える。


しかも、ウイグル、南モンゴルでは、核実験をして、数万人を死に追いやり、今も、その後遺症で苦しむ人たちがいる。


核兵器を持つこと自体、覇権を求める行為である。

自衛のためには、必要無いものである。


自虐史観に侵された、日本人の政治家、官僚、学者、文化人、そして、マスコミは、中国の論理矛盾を見て見ぬふりをしている。


ただし、それらは、人民の知らぬところである。

そり正体を知れば、人民も驚くだろう。


そして、在日中国人、いや、在日漢民族の人たちは、本国からの通報一本で、兵士となる。


何事かあれば、彼らは、即座に、日本にて、テロも辞さない。

それを、日本国民は、知っているのか・・・


中国が、日本に、何基の核兵器を向けているのか・・・


それが、友好国なのか・・・


勿論、ロシアも、北朝鮮も、そうである。

日本の周辺は、核兵器に囲まれている。

それを知っての、平和憲法擁護か・・・


平和ボケというが、平和馬鹿である。

更に、中国のスパイに、やられているのである。


特に、沖縄が酷い。

沖縄の人たちは、独立という、幻想、妄想に浸っていると言うから、呆れる。

異民族を虐殺させる、漢民族である。

そろそろ、目を覚ます時だ。