くたばるぞ北海道21

北海道教職員組合、北教組を書いている。

勿論、それは日教組の、支部である。


ところが、日教組以上に反日思想に溢れている。


それが、教育した人たちが、今は、七十代、六十代となり、反日を繰り広げる。勿論、そんなことに、関係なく、親日の人たちも、大勢いる。


日本には、日本人でも、反日の人がいるということだ。


北教組は、韓国が不法占領している、島根県の竹島について、韓国の主張が正しく、島根県が、領有権を求めることは、日本の侵略、植民地支配を正当化する不当極まりない行為、として激しく非難する。


教師の組合が、歴史を知らないとは、呆れる。

どうして、韓国が領有権を主張しているのかは、初代韓国大統領、李承晩が、勝手に、線を引き、勝手に、韓国領とした。


更に、多くの日本領であるという、資料、証拠がある。


当時、韓国は、竹島で漁をしていた漁師を、40名ほど虐殺し、更に、千人単位で、捕らえて、韓国に連行した。

強制連行である。


その引き換えに、日本の牢獄にいる、朝鮮人をすべて解放せよとの、声明である。日本政府は、敗戦後であり、如何ともし難く、その要求を呑んで、解放した。

その時、朝鮮人は、祖国へ帰国したか・・・

しないで、日本に、居残った。


そこでも、彼らは、強制連行されと、嘘を言うのである。


在日の先祖は、罪人である。

それを、明確にしておく。


さて、北教組とは、その大嘘の韓国の言い分を、ただ、唯、飲む。


平成20年7月、中学学習指導要領解説書では、北方領土と、竹島を、日本の領土として領土問題を教えるように記述された。


ところが、それでも、北教組は、韓国の主張が正しいと教えるように、教員に指導していた。

つまり、その上の幹部たちは、朝鮮人、朝鮮の血が入る者なのだろう。


また、北海道では、公立校の日本人教師が、札幌にある、北海道朝鮮初中高級学校で、授業を行う、「日朝友好促進交換授業」も年に一度行われる。


北海道では、敵である、北朝鮮との交流が盛んであると、言う。

日本に、核兵器を向ける国と、友好など、結べるものではない。


北海道では、この朝鮮学校に対して、国籍に関係なく、道内の子どもの成長を支援する、として、昭和63年から、補助金の支給を続けている。


平成28年、文部科学省が朝鮮学校に、補助金を出している自治体に、支給の妥当性を再検討するよう求めたにも拘わらず、北海道は、反日教育は、行われていないと、27年度の補助金297万円を支給した。


わざわざ、敵の国に、支給するという、仰天である。


どこに、道義があるのか・・・

更に、国際社会では、北朝鮮に対して、制裁を科している。

それに違反する行為である。


核開発をする国に、何故、日本の、教師の団体が、応援するのか・・・

いつもは、核兵器反対を掲げるが、何故、応援するのか・・・


日教組も、北教組も、何から、何まで、国に反対する行為を続けている。そして、更に、議員まで出して、国会を空転させる。


あの、民主党政権の際は、日教組のドンといわれる、輿石という者が、参議院議員会長になるほどだった。


山梨県教職員組合の、者である。

それも、組合員から集めた、寄付金を収支報告書に記載しなかったことで、政治資金規正法違反事件を起こしている。


いや、こんなものは、序の口である。

書き出せば、幾らでも、ある。


自国の法律など、破っていいものだと、考えているのだ。


いつも、政治的中立を侵してきた、日教組である。

それも、そろそろ、お終いになる。


最後は、子供たちに、殺されて、終わる。

殺されるとは、その精神である。


親日、愛国の、子供たちが、どんどんと、大勢になって行く。

何せ、自分の国を愛せないという、定義を作っていまったのだ。


救いがない。

子供たちは、いよいよ、目覚めて、独自に歴史を紐解き、そして、愛国に目覚めるのである。


私が、その良い例である。

私も、当然、反日教育を受けて、育った。

そのお陰で、自分で歴史を調べ挙げた。

それは、見事なもので、私は、愛国者になった。


ただし、日本が、日本の精神、魂を失った場合は、他国で、その精神と、魂を伝える所存である。


その心は、和、やわらぎ、である。

大和心とは、おほいなる、やわらぎの、こころ、である。


おほいるなる、とは、調和であり、大いなる家である。

やわらぎ、とは、慈しみ、であり、愛である。

こころ、とは、息遣いである。


日本民族は、それを言葉ではなく、所作、動作にして、伝えて来た民族である。


その象徴が、天皇に現れている。

すめらみこと、と読む。

統べる、命、である。

命を貴きものとして、それを、一つにまとめる、という意味である。


それを、天皇、という存在ら託した。

民族の、素晴らしい、アイディアだった。


ところが・・・日教組は、天皇制云々と、ぬかす程、何も知らない。

まともな、歴史を知らないと、そのような、者になる。

そして、先祖の因縁の悪い者が、そのようになる。