日々の言い分527

1882年…朝鮮政府は朝鮮軍の軍人に対して給料の支払いが遅れていました。朝鮮政府はその理由として、「日本軍を近代化の手伝いとして国内に招いたからだ」と述べていました。


しかし、そんな理由で朝鮮軍の人々は納得しません。朝鮮政府に対して、反乱を起こし始めたのです・・・そして、その反乱の矛先は給料支払い遅延の原因である日本軍にも向かって行きました。公使館も襲われ12〜13人の日本兵が亡くなったのです・・・(壬午事変)


はっきり言って単なる国内の揉め事です。

そんなことにたまたま現地に行っていたあなたのご家族が巻き込まれ、亡くなりでもしたらどう思うでしょうか?事件のことを耳に入れた明治政府は当然怒り、朝鮮に賠償金を求めました。さすがの朝鮮もそれを甘んじて受け入れました。


しかし、朝鮮はお金がありません・・・

そこで、明治政府はこの賠償金は5年で完済予定だったのですが、その支払い期限を2倍の10年に延ばしました。

それだけではありません。


2年後にはその賠償金の8割を朝鮮の内政回復のために返還したのですさらには、賠償金の返還と同時に船1隻と大砲2門を無償でプレゼントしています。


もし、明治国家が本当に朝鮮を侵略する気なら、全く関係のない隣国にお金と武器を渡すことなんて考えられるでしょうか?しかも、当時の日本の財政状況は決して余裕があるわけではなかったにもかかわらず、です・・・


上記の書き込みから・・・


朝鮮という国、そして、その朝鮮人というものについて、私も言う。


いつも、他国頼みだった歴史である。


例えば、今年、5月23日に、アメリカのホワイトハウスに、請願書として、元大学教授の韓国人が、文大統領を逮捕してくれと、頼んだ。


そして、26日までに、11万5695人の、署名が集まったと言う。


その理由の一つは、武漢肺炎コロナをアメリカに撒いて、虐殺を行っていると、告発した。

更に、北朝鮮、中国と共に、南太平洋の混乱を招いている、というものだった。


混乱とは、中国の覇権をかけた、行動である。


さて、韓国国内では、自国の問題を他国に、云々するのは、という意見もあるが、矢張り、自国のことを、処理できないようである。


これが、朝鮮、2000年の歴史の、成果である。


大陸、中国という国、それは、時期によって、王朝が違うが、いつも、事大主義で、行為していたこと。


事大主義とは、大に付くということ。


上記の書き込みを読んでも、結局は、自国の問題を解決出来ないでいた。

それを、日本が面倒を見る。


その、面倒を見る行為を、今では、侵略だと、嘯く。

呆れる。


その、朝鮮人の血が入る者が、また、日本にて、在日となり、なにやら、反日行為を行う。


これから、何度かに渡り、私は、このことを書いて行く。


一体、朝鮮人とは、どんな種族なのか・・・

そして、果たして、民族と呼べるような、人たちなのか・・・


韓国以前、500年間に渡り、李氏朝鮮という時代が、続いていた。

そして、破産していた国である。


王族、貴族を、両班、ヤンバンと呼び、彼らだけが、少しまともな生活をしていた。


以下、多数の一般の人たちは、土人である。


当時、イギリスの女性が、朝鮮を旅して、書いた日記がるあが・・・

実に、絶望の朝鮮である。


その一つは、ソウルが、糞まみれだと、書かれている。

道は、細く、汚い。

その中で、人々が、暮らしている。


着の身着のまま・・・

そんなところを、侵略して、何か得ることが出来るのか、である。


近代化など、一人前に出来なかった国。

それを、日本が、大枚な金を持ち出して、近代化を推し進めた。


ライフラインを調え、建物、橋を造り、鉄道を作りと、大変な苦労をした。


更に、植民地という言葉は、キリスト教白人の概念である。


日本で、植民地という場合は、拓殖という、意味である。


台湾、パラオ、チューク諸島等々を見て見れば、解る。


何処でも、拓殖をしたのである。


それが、朝鮮人に言わせると、侵略となるから、笑う。

日本人、いや、日本政府は、いつも、謝罪をするが、まだ、足りないと言われる。


その癖をつけてしまった、馬鹿者たち、つまり、政治家たちである。


それは、日本に存在している、在日たちに、佞、おもねる、としか言いようがない。


反日在日が、日本の社会を、これほど、悪辣にしたのに、である。

彼らの、先祖は、罪人である。


以前も書いたが・・・

次回も、続く。