日々の言い分528

当時の朝鮮は清国を宗主国としていました。

清国は当時、眠れる獅子と呼ばれたアジア1の大国・・・

その清国の勢力が朝鮮内に蔓延っているので、朝鮮は定期的に貢物を渡したりと、大国の言いなりの状態でした・・・


そんな清国に対して、日本は負けるリスクを冒してまで、戦争し、朝鮮を守り、清国の支配から解放させました。これが、日清戦争です。


こうして、朝鮮はアジアの独立国に仲間入りすることができたわけですが・・・

なぜ日本は朝鮮に見返りを求めず、ただ清国からの搾取をやめさせ、アジアの独立国に招待したのでしょうか?


朝鮮の宗主国である清国に勝利した日本は、朝鮮をそのまま植民地にすることだって簡単にできたはずです。ですが、実際に日本が韓国と併合することになったのはさらにその10年後です・・・

侵略の意図があったなら、すぐに植民地にすればよかったのではないでしょうか?日本が朝鮮を独立させた理由とは・・・?


上記の書き込みから・・・


何故、朝鮮を独立させたのか・・・

それは、日本の国益にも叶い、朝鮮をソ連の、砦とするものである。


決して、植民地などにする必要ではない。

ところが・・・


朝鮮は、一人では、何も出来ない国。

更に、全く、世界の情勢を理解出来ない状態だった。


呆れる程に、馬鹿だったのである。


そこで、致し方なく、併合国家として、日本は、持ち出し覚悟で、併合した。それは、当時の国際法に従った、まともなものである。


そして、内地から、朝鮮に持ち出しで、拓殖を行った。

日本の統治は、奪うという、行為ではない。

朝鮮を近代化するために、拓殖したのである。


当時の朝鮮は、原始時代のような生活をしていた。

一部の、王族、両班という、身分だけは、辛うじて、少し、まともな暮らしである。


庶民は、土人の生活だった。


現在のソウルなどは、糞尿にまみれた、とんでもない、状況てある。


日本は、道路を、建物を、橋を、鉄道をと、持ち出しで、朝鮮を変貌させた。

その当時を知る、朝鮮人は、言わないが、日本の行為に、感謝している。


日本に感謝すると、売国奴となるため、言えないのである。


それが、敗戦後、この75年間、彼らは、日本に謝罪を要求し、更には、賠償せよと、馬鹿なことを言い続けて来た。


朝鮮人の、根性である。

だが、もう一つは、それが、アメリカの占領政策の、お陰でもある。


対立させることが、狙いだった。


別エッセイに、多々、書いたので、省略するが・・・


だから、南北朝鮮人も、ある意味、犠牲者である。


だが、私は言う。

北朝鮮などは、毎年、1000億円を、日本の同胞から送金させ、日本攻撃の、核兵器を平然と作る。


いやいや、北朝鮮には、日本政府も、500兆円以上の支援をしている。

更に、食糧支援である。


乞食国家、北朝鮮である。


ところが、在日の人たちは、平然として、朝鮮学校に、金を要求するという、厚かましさである。いや、厚かましさというより、矢張り、乞食根性である。


韓国系は、その在日の、有様が、日本人にも、広く広まり、これから、益々、肩身の狭い思いをするだろう。


そして、マスコミから、様々な、集団を動かし、日本の混乱を招いていることを、日本人が知り始めた。

これも、これから、切り崩される。


つまり、在日中国、南北朝鮮人によって、日本が、このようになったという事に、気付き始めたのである。


何も、日本人が、劣化したのではない。

日本人の優しい民族性が、ここまでに、至らせたということに、気付き始めた。

さて、それでは、これから、日本人は、どのように、行為行動するのか・・・

それを、私が、まず実行する。