日々の言い分531

トランプ政権が中国共産党員の締め出しに動くのか。悪化する米中関係。中国には9200万人の共産党員がおり、家族にも措置が及べば、最大で2億7000万人が影響を受けるという。これがもし実施されると、現在米国内にいる党員と家族のビザが無効になり、追放されてしまう可能性がある。

実は中国共産党員の中には、家族を米国に住ませたり、資産を米国に持っていたりする人物が多い。つまり、米国に逃がしていた人やモノを戻さなくてはならなくなり、最悪の場合、米国内の隠し口座は凍結されてしまうかもしれない。この渡米禁止はその言葉以上にさまざまな影響を与える、大きな意味を持った措置なのだ。

実際に米紙ニューヨーク・タイムズが政府筋の話として、7月15日にこれを報じると、Googleトレンドでは、「脱党」や「退党」というキーワードが急上昇。ロイターWall Street Journalなど他のメディアも追随すると、そのたびに上昇の山ができるといった関心の高さを見せた。

もしこれが実施されれば、中国が相応の報復措置を取ってくることは容易に考えられる。そうなれば、米国と中国がお互いにそれぞれの権益を削り合うという泥沼な状態になりかねない。

深刻化に歯止めがかからない米中関係。果たしてトランプ大統領はこの「米国への渡航禁止」を承認するのか。その対応に注目が集まっている。


上記の書き込みを読んで・・・

そのように、なる。

アメリカは、中国を許さない。

それを、明確にした。

アメリカは、鄧小平の嘘に騙されて、散々、中国に、与えた。

与えて、与えて、与え過ぎたのである。


そこに、アメリカ第一の、トランプ大統領が現れた。

次の選挙も、大勝する。

当然である。

アメリカを食い物にして来た、中国共産党である。


入国を拒み、更には、米国内の中国人を追放する。

そんなことは、まともに考えれば、解る。


裏切り者を、許す、キリスト教白人は、いない。

彼らの、神は、契約の神である。

契約がなければ、何の意味もない。


共産党は、無神論であり、無法者である。

共産主義が、殺した人の数は、膨大だ。

ヒトラーが極悪人か、というほど、共産主義は、人を殺し続けた。

スターリン、毛沢東、カンボジアのポルポト等々・・・


これほど、最悪の主義があろうか・・・

最低、最悪の主義である。

勿論、それは、信仰と同じ。

神か、主義かの違いである。

呆れる。