日々の言い分567

2004年に元慰安婦支援団体は元慰安婦たちの名前で勝手にお金を集めて活動資金にしていました。


これに不満を持った元慰安婦は元慰安婦支援団体に勝手に名前を使うな!として提訴したことがありました。

勝手に名前を使ってお金を集められる上に、そのお金は元慰安婦に届かないからです。


しかし、この提訴は裁判で受け入れてもらえず、後日この提訴した元慰安婦は慰安婦リストから除名されていました、、、


さらに、元慰安婦支援団体は慰安婦問題で散々「おばあさんたちの記憶こそが証拠だ」と言い続けてきましたが、元慰安婦が元慰安婦支援団体のお金の使い道に対して疑問を投げかけた時、「あいつらはもうボケてるから」とはぐらかしました。


元慰安婦支援団体は慰安婦を助けるための団体ではなかったのでしょうか…?


元慰安婦に集まった寄附金の行方

元慰安婦支援団体は2018年に4億7000万ウォンを元慰安婦に支払った言っていますが、これはその年の支出合計より多い金額で、実際には、1.9%しか支払われていなかったことがわかりました。また、その昨年は3%しか支払われていませんでした、、、


また、元慰安婦の葬儀では1174万ウォンを支払ったとされていますが、実際には葬儀会社のサービスで葬儀は無料で執り行われていました。


一方、一般的には元慰安婦たちは寄附金によって悠々自適な生活を送っていると思われていますが、、、

元慰安婦支援施設である「ナムルの家」に住む元慰安婦の告白では、月9000円のお小遣いで我慢してたそうです。


一体、その差額はどこへ消えたのでしょうか…?

慰安婦支援団体の実態

自称元慰安婦を集会に駆り出したり、アメリカの議会に引き連れて行ったり、大統領に合わせて嘘の証言をさせたり、それは全部、金を得るために元慰安婦支援団体が仕組んだことでした。


その証拠に「日本に謝罪と賠償を取り付けるための集会に自分はもう参加したくない。」「30年間騙されるだけ騙されて、資金集めに利用されるだけ利用されてきた。」とこう告白した元慰安婦も存在しました。


ですが、それで集まった金は、元慰安婦支援団体が個人で使い込んでいました。

実際に、元慰安婦のための施設を寄附金でオープンさせましたが、実際には元慰安婦が活用するのではなく関係者のパーティー会場になっていました。

慰安婦への支援より多い金額の寄附金が、1日の飲み食いに使われていたこともありました。


また、元理事長のユンミヒャンが元慰安婦のための寄附金を受け取る際、元慰安婦支援団体名義ではなく個人名義の口座で金を受け取っていたことが発覚しました。

そして、元慰安婦たちが海外を訪問する際の費用や死亡した際の葬儀費用もユンミヒャンの個人口座を通じて受け取っていたそうです、、、


これらの不透明な支出に対して、韓国の記者が「もっと詳しい支出内訳の資料を提出するべきではないか。」「理事長の報酬はいくらだ?」と質問したことがありました。


しかし、その回答は、「世界中のどこに活動内容の全てを公表する団体があるのだ。そういう要求は大企業にすればいい。あまりに酷すぎる。」として、一蹴しました。

日本の悪口で飯を食う韓国人

あなたはこの事実を知ってどう思いましたか?


今まで賠償しろ!真の謝罪をしろ!と日本に要求していたのは、実は元慰安婦支援団体が寄附金と賠償金を集め、私欲を貪るために必要なただのポーズだったことがわかります。つまり、慰安婦問題というのはただの反日ビジネスだったのです。


確かに、慰安婦にもお金を渡して表面上の支援はしていますが、、、その金額は内部から裏切りが出るほどごくわずかで、元慰安婦は元慰安婦支援団体の操り人形といったほうが自然かもしれません、、、、


韓国人の私腹を肥やすために私たちの父祖が貶され続ける、、、

こんなことが許されるのでしょうか?

支援団体の嘘がまかり通る理由

しかし、なぜこんな支援団体の嘘がまかり通り続けているのか?


それは、韓国では「日本軍が朝鮮半島の女性たちを強制連行して従軍慰安婦にした」と支援団体の嘘を肯定しないと犯罪だからです。


実際に日本軍の無罪を主張した韓国の大学教授は、「慰安婦の名誉を殷損した罪」で起訴されました。

これによって、韓国の人は例え「実は日本は悪くなかったんじゃ…」と思っていても、声を大にできないのです。

だから、声が大きい正義連の嘘の主張ばかりが韓国全土に響き渡り、、日本の父祖がレイプ魔として扱われ名誉を貶され続けています。


これでは、「加害者と被害者という立場は1000年たっても変わらない」と韓国の大統領が発言していたように、1000年以上続いても私たちが収める税金から韓国になんの違和感もなく、補償金を払い続けることになります、、、


そして、日本が謝罪をする度に、日本人の尊厳は傷つけられ、その傷は今の私たちだけではなく、子供や孫の世代まで爪痕を残すことになりえません。


韓国人は誰も正しいことを言えないので、彼らが自分で反省して、日本の冤罪が晴れることはないでしょう、、、


この状況を打破するためには「韓国への謝罪や反省」ではなく、私たちの世代が今一度、慰安婦問題の嘘を暴き、正しい主張を日本人がしていかないといけません。


上記の書き込みから・・・

何せ、まず、朝鮮人であることを、明確にすべきである。


つまり、朝鮮人とは、そういう部族なのであるということ。


内輪揉めなど、当たり前。裏切りなど、当たり前。

兎に角、今さえ、自分さえ、金さえ、という、部族である。


その歴史、歴史といえる、シロモノではないが・・・

それさえも、曖昧模糊である。


全く、信用出来ない、部族なのである。

辛うじて、日本にいる、在日は、日本の社会の中で、少しは、まともに、生きている。


韓国、朝鮮に住んでいれば、まともになることは、不可能である。

そういう土地柄なのである。


朝鮮半島は、ただ、通過地点である。

歴史が証明している。


芸術文化など、全く存在しない場所である。


その上空には、ただ、浮遊霊が、たむろしている、場所である。

浮かばれない、霊のたむろする、場所。

それが、朝鮮半島である。


別名、魔界、という。