玉砕198

本土空襲の状況を紹介する。 昭和19年6月15日、米軍がサイパンの上陸を開始した、その日の夜、成都を基地にした、B29が、北九州を初空襲した。 B29は、2200馬力のエンジン四基を搭載した、新型大型爆撃機であり、最大速度は、58キロ、航続距離は、5300~7300キロ、爆弾搭載量は、9トンという高性能を持っていた。 続いて、11月24日、マリアナ諸島を基地とするB29が、東京…

続きを読む

玉砕197

この戦争の、戦死について、書く。 戦死者の状態は、餓死、海没死、特攻死である。 全体の死者数は、230万人。 このうち、栄養の不足、失調による、狭義の餓死者と、栄養失調による体力の消耗の結果、抵抗力をなくし、マラリアなどの伝染病に感染し、病死した広義の餓死者との、合計は、140万人になる。 つまり、餓死率は、六割である。 餓死がいかに、辛いものか・・・ 南の島のジ…

続きを読む

玉砕196

沖縄戦の、悲劇は、集団自決の問題である。 一部では、米軍に圧倒され、戦局の行く末に絶望して、自暴自棄になった、日本軍将兵が、手榴弾を配るなどして、住民に、皇国臣民として、自決を強要した、という話である。 嘘てある。 事実は、逆だ。 鬼畜米英を教えられていた、住民は、米軍に見つかれば、男は殺され、女は、強姦され、殺されると、信じた。 それゆえ、自発的に、集団自決を選んだ。 …

続きを読む