玉砕192

さて、日本経済は、昭和60年に入っても、堅調だった。 輸出は伸び続けて、企業も、海外に進出する。 この年の、経常収支の黒字は、500億ドルであり、対外資産も、740億ドルである。 日本は、貯蓄率は高いが、金融機関は、資金が余り、日本の円は、新しい投資先を求めて、国際社会を動き回ることになる。 そして、日本は、世界最大の、債権国になった。 円高ドル安という、基調で、世界経…

続きを読む

玉砕191

昭和50年代の政治は、田中角栄を主にして、動いていたといえる。 田中は、ロッキード事件により、有罪判決を下される。 しかし、その二か月後の、昭和58年12月18日に、総選挙が行われた。 自民党は、過半数を割ったが、田中は、新潟三区で、22万票以上の票わ得て、当選した。 そして、それからも、田中は、田中派の膨張につとめて、120人余を、派閥に吸収する。 自民党議員の、三分の一…

続きを読む

玉砕190

敗戦から、30余年を過ぎて、日本人の精神の、玉砕が、形になって、現れた。 昭和55年9月、大阪のある中学一年生が、いじめに耐えかねて、自殺をした。 いじめによる、自殺の最初である。 この中学生は、札付きの同級生数人に脅されて、金を持ってくるように言われ、次第に、学校に行くのを、怯えるようになった。 最初は、100円単位の金だったが・・・ そのうちに、1000円単位となり、一万円…

続きを読む