玉砕219

アメリカ、アメリカ人を、一言で言えば、キリスト教白人主義の、野蛮である。 その侵略の一歩は、先住民族の殺戮と、征服である。 アメリカ大陸に、一万年以上の歴史を持つ、東洋出身モンゴロイド系の先住民で、当時、200万人から、500万人と推定される。 それが、アングロサクソン移民によって、森の木を倒す如く、殺戮されたのである。 つまり、彼らを、人間とは見なさなかった。 人種差別の…

続きを読む

玉砕218

引き続き、佐伯氏の、文を引用すると、 もしも前者の「軍事的敗戦」だと、占領政策も勝者の「力による支配」という意味合いが強くなります。勝者が敗者の軍事力の復活や復讐心を警戒して、敗者を「力で従属させる」ということになる。 しかし後者の「道義的敗戦」だとすると、占領政策は勝者の敗者に対する「力の行使」というよりも、道徳的な正義による「不正への懲罰」という意味合いが濃くなるでしょう。 これは…

続きを読む

玉砕217

さて、これから、確認したいことがある。 日本が敗戦して、戦後という時代が始まったのは、いつか・・・ それは、1952年、昭和27年4月28日である。 つまり、サンフランシスコ講和条約によって、正式に日本が、国際社会に復帰した日である。 それでは、その前、それ以前は、どうなのか・・・ 日本は、アメリカ占領軍の、占領下におかれていたのである。 1945年8月15日、いや、…

続きを読む