性について275

性について 46 キンゼイ博士の、セクシャリティの研究は、性行動に他ならず、統計的数字に基づき、その多様性を、明らかにしたといえる。 マスターズとジョンソンは、性関係の生理学を研究し、その臨床的記述から、性的障害の、プロトコルを作成した。 機能不全に関しては、カップルを切り離せない単位とみなして、治療を行った。 その治療に当たり、マスターベーションが、一定の役割を演じることから、…

続きを読む

性について274

さて、快感ということについて、書くことにする。 快感とは、何か・・・ 実際、性感帯と言われる部位があるが・・・ 実は、快感は、脳が感じているということなのである。 皮膚感覚というものも、皮膚のあちこちに点在した、感覚細胞が刺激を察知して、知覚神経を通り、大脳の体性感覚野に送られ、痛いとか、熱いとかという、感覚を、自身に与えている。 究極的に言えば、脳によって、今、自分は…

続きを読む

性について273

これから、アナルについてを書くが、過激とも思えるので・・・ 読みたくない人は、無視してください。 アナルに何かが出入りすることはたしかに気持ちイイものですが、それだけにそこまでで満足してしまったいる人が非常に多いのです。 大島 行為中ビクビクと痙攣したり、挿入しただけで果ててしまったといった現象がよく起こります。実際のゲイの方でアナルセックスが感じるという人でも、ここまでの反応は…

続きを読む