国を愛して何が悪い184

12世紀の、底辺の人々の声を聞くとすると、有名な文献、梁塵秘抄である。 これは、当時の歌謡(今様)集十巻である。 その口伝集九巻は、嘉応元年、1169年、後白河上皇によって、撰述され、治承三年、1179年に、巻十が加えられて、完成した。 全部で、20巻だが、現存するものは、口伝巻十の一と、歌謡集巻の一の抄出本、巻の二だけである。 今昔物語より後の成立だが、もし全二十巻が残って…

続きを読む

国を愛して何が悪い183

9世紀からおよそ四百年にわたる王朝文化は、複雑な形相を呈するが、その盛時における最も特徴的なものをあげるなら結局、女房文学と、浄土信仰と、藤原の造型美であろう。 亀井 それらが、相互に影響しあい、色好みと、生の流転、出離と死の問題を、彼らが、いかに思索し、表現してきたかである。 全体として見れば、唐風から、和風化への推移である。 そして、特に、ひらがなの成立が、大きな役割を果たし…

続きを読む

国を愛して何が悪い182

紫式部はじめ作者たちは、漢詩文や経典を知らなかったのではなく、当時その点で一流の知識階級であった。漢語にも熟達していたことを忘れてはなるまい。しかもひらがなを用いてあのような物語を書いた。つまり源氏物語とは、七世紀以来、唐文化の影響を圧倒的にうけて変貌を開始した民族の、言わば変貌の最大の結晶なのだ。万葉古今や多くの口伝物語を伝統としてにないながら、他方で外来の新しい信仰・思想をうけいれ接木した、…

続きを読む