日々の言い分197

1565年、スペイン人のレガスピが、セブ島に到着。その後ネグロス島に米が豊富にあると耳にして、ネグロス島の首長に、ビーズと引きかえに米を要求。それを契機に、スペイン人は、たくみな手段で首長をだまし、何度かの戦闘の後、ネグロス島を領有した。  ネグロス島が本格的に砂糖生産地帯と変わったのは、1840年代のこと。植民地政庁とカトリック教会が、ネグロス島を「目覚めさせる」ために、抜本的な行政・布…

続きを読む

日々の言い分196

日本では、トヨタがレクサス部門をベンツに対抗するラグジュアリー部門として分離しましたが、まだ中途半端の感が否めません。そこへ一部企業の検査偽装が、日本車の信頼を揺るがすとなれば、高級車路線も苦しくなります。 一旦信頼を失うと、その再構築には10年、20年とかかります。人件費を抑え、短期の利益を拡大しても、市場から信用を失えば、長期の利益に響くのです。 一頃、新自由主義が市場を席巻するころ、海…

続きを読む

日々の言い分195

第9条の下、平和教育を受けた日本の政治家たちの指導者としての評価は、彼等がいかにアメリカの国益に日本の政治・経済を擦り合わせることができるかで決められている。 アメリカを怒らせず、日本国民にはアメリカの国益どおりに動いていないと見せかけながら、アメリカに隷属を続ける才能が、戦後日本でリーダーシップとして高く評価されている。 上記に対して・・・ 全く、その通りだという。 おそら…

続きを読む