性について306

セイム・ジェンダー関係が成立する、もう一つの形態について考察しよう。それは、一方のパートナーは異なるジェンダー役割を果たして、異なるジェンダーの衣装や装身具を身に付けるべきという、文化的欲求に基づくホモエロテック関係である。ギルバート・ハート つまり、今までの事例ではなく、ある特定の時代、地域では社会的、歴史的習慣を構築するものが、年齢ではなく、ジェンダーとなっているということ。 その社会で…

続きを読む

性について305

少年に精液を与える習慣は、古代から脈々と受け継がれてきた生活様式のなかの性文化を映し出すものであり、その習慣のシンボリズムに私たちは注目したい。ギルバート・ハート シンボリズム、つまり、象徴的意義である。 儀礼の重視は、その社会における、宗教的な力と、セイム・ジェンダー関係との、深いつながりを示し、いずれも、社会的優位性、及び、宗教的、性的ヒエラルキーと関りがある。 男の体を求め、敬う理念…

続きを読む

性について304

オーストラリアのアボリニジ族、マリンド・アニム族、サンビア族、その他多数の、メラネシア文化をはじめとする、少年に精液を与える儀礼が存在する文化では、男と女の関係も、年齢と、ヒエラルキーによって、支配された。 その、年齢構造化された関係の、ヒエラルキー構造は、少女の結婚相手に選ばれる男は、必ず数歳年上であるという、事実である。 オーストラリアのアボリニジ族では、この慣習が、老人支配という極端な…

続きを読む