性について294

アメリカ、サンフランシスコ州立大学、文化人類学者、ギルバート・ハート氏の、同性愛のカルチャー研究、という、著作から紹介している。 ここで、一度、私、素人の見方を言う。 私も、15カ国を回り、後進国と言われる、性風俗の様子を見た。 一番、驚いたことは、ゲイの存在より、多く存在するのが、男娘、日本では、ニューハーフといわれる人たちである。 バリ島私が出掛けた当初は、見当たらなかった、そのニュ…

続きを読む

性について293

西欧諸国では、社会の認識に深いところで変化が生じている。社会研究によって明らかになったのは、第二次世界大戦前に成人した人々は、ホモセクシャアリティに関するひどいステレオタイプが組み込まれた文化的世界観へと社会化されていったことだった。そのステレオタイプには、俗信から生じたイメージだけではなく、公衆トイレやバス停にたむろする「汚れた男たち」が摘発を受け、逮捕されたというような新聞報道によって確認さ…

続きを読む

性について292

人類学者ジョセフ・キャリアによれば、あらゆる文化は寛容さの度合いによって、ホモセクシュアリティを容認するか、否認するか、あるいはその中間か、そのいずれのタイプに理念上分類できる。ここで明らかにしておくべきなのは、そういった異文化研究は、用いられるカテゴリーや、現地におけるセイム・ジェンダー関係の形態に対する研究者の感性に、支配されることである。ギルバート・ハート アフリカの、アザンデ族は、年齢…

続きを読む