日々の言い分344

少しばかり、難しいことを、書く。別エッセイ、生きるに意味などない、で更に、詳しく説明するが・・・ 私という、意識は、妄想である。実は、私というものの、実体は無い。ただ、あると思っているだけである。 私は、これを基本として、物事を考える。 実に、恐ろしいことである。私というものが、無いのである。 勿論、仏教の一派では、こういうことを、散々に議論して、一つの派閥になった経緯がある。 さて、…

続きを読む

日々の言い分343

韓国は、核付き南北統一に突き進んでいる。そして、韓国の有事指揮権も米国から韓国に移管するという。これで、在韓米軍は、韓国指揮下では戦えないので、在韓米軍は撤退になるだろう。米韓同盟も終了になる。韓国は対北朝鮮国境線を無防備にするというし、人的往来を自由化するというし、北朝鮮と合併するしかない。北朝鮮での鉱山ビジネスや安価な労働力などを手に入れるが、膨大なインフラ建設などの負担がかかってくる。経済…

続きを読む

日々の言い分342

私が生まれた年は、敗戦から、11年目の年である。そして、その年から、北海道に、鰊が来なくなった。 鰊で栄えた、鰊御殿といわれる、漁師たちは、極貧の生活になった。何故か・・・それは、その年に取れる見込みの鰊を当てに、借金をするからである。私の祖父も、そうだった。 だから、私は、貧乏の子、と呼ばれた。 敗戦から、少しずつ、回復していた、日本の経済は、上向きで、その後、高度経済成長期が、始まる。…

続きを読む