玉砕279

中国が、核兵器を開発し、決断したのは、1950年代の半ばである。 当時日本は、朝鮮戦争特需で、敗戦から立ち直ったばかりである。54年に、防衛庁が設置され、朝鮮戦争で誕生した、警察予備隊が保安隊、そして自衛隊と改称されて、軍隊らしい存在に変わった。 翌年に、55体制と言われる、自民党と社会党の二大政党の時代が始まった。 日本は、日米同盟による、安全保障体制の下で、軍事には金をかけず、ひたすら…

続きを読む

玉砕278

2005年、中国の王毅大使は、防衛大学校で、講演した。その際に、一部の人は中国の実際の軍事費は、現在発表額の二倍ないし三倍だとしていますが、もしそうだとすれば、中国の財政支出に占める軍事費の割合は22パーセントに達することになります。これは中国の経済と財政からみれば、考えられない、耐えられないものであり、米国さえ信じていません。と、大嘘を言った。 米国防総省は、議会への年次報告書「中華人民共和…

続きを読む

玉砕277

1979年から、日本は本格的に、中国への援助を開始した。 いわゆる、ODAである。周恩来の後継者、鄧小平は、我々は、賠償を掘閾した。日本は世界一中国に仮りの多い国だと、ODA=賠償金との認識を、最高指導者として、初めて公然化させたのである。 それは、中国の近代化のための、資金の手当てが目的だった。勿論、それだけではない。様々な、日本の技術も、奪う。 例えば、松下幸之助などは、鄧小平に乞われ…

続きを読む