日々の言い分404

では、「タンカー防衛有志同盟参加」を拒否するとどうなるのか?過去から教訓をひろってみよう。 1905年、日本は、まさに「世界史的偉業」を成し遂げた。日露戦争に勝利したのだ。勝因は、もちろん日本軍が死力を尽くして戦ったこと。だが、当時覇権国だったイギリスと同盟関係にあったことも大きかった。 イギリスは、実にさまざまな側面から日本の勝利を支援した。・フランスやドイツが、ロシア側に立って戦わないようけ…

続きを読む

日々の言い分403

7月16日、岩屋毅防衛相は「現時点では自衛隊を派遣することは考えていない」と述べたが、筆者は「日本は、この有志連合に必ず参加すべきだ」と思う。 まず、トランプは、「自国のタンカーは自国で守るべきだ」と言っているが、これは、まさに正論である。 日本の有志連合参加に反対する人は、多いだろう。その主な理由は、「自衛隊員の犠牲者が出るかもしれないから」だと思われる。確かに、筆者も一日本国民として、自衛隊…

続きを読む

日々の言い分402

知らないものは、無いものである。だから、知らないうちが、花と言われる時期がある。 しかし、生きていれば、必ず、知る必要に迫られること、多々あり。 そして、知らぬが故に、暴言、寝ぼけた話をする人たちも、多くいる。 自分の情報が、唯一の、真実であると、信じている人たち。そして、朧げなことを、言う。 私は、自分の意見を持つが、違う意見があることも、十分、承知している。だから、人の話を、黙って聞…

続きを読む