日々の言い分175

日本が食糧危機になる事態を恐れて、農業分野への外国人労働者について、厚生労働省、法務省、農水省、渋っていました。しかし、竹中平蔵氏を中心とする国家戦略特別区諮問会議の民間人たちが、「度重なる議論にも関わらず、法務省の担当者などの対応が遅く、進捗がはかばかしくない」と書面でプレッシャーをかけました。   そこで仕方なく、外国人を農業分野で働けるようにしたのです。外国人労働者は派遣労働のため、パ…

続きを読む

日々の言い分174

砂漠地帯や寒冷地帯などの辺境の地でも地産地消が進んでいる。モンゴルやシベリアでの野菜工場や砂漠のドバイでのトマト工場なども日本企業が作り食料を提供している。この技術は植物工場の技術であり、日本の技術が世界に進出している例である。 このように、その土地ではできないものも、作ることができるようになっている。砂漠のドバイでは水は、海水を淡水に変えて利用しているが、この技術も日本である。 というよう…

続きを読む

性について272

野生動物たちが行うような、本能的なセックスで使われる脳の部位は、大脳辺緑系や視床下部と呼ばれる部分です。ところが、人間はその周囲に理性を司る大脳新皮質が発達しました。つまり、本能的な生殖行為に理知性が加わったというわけですね。そのため、単なる生殖活動の一環としてのセックスだけではなく、性を楽しむ様々な方法を身に着けたのです。 せっかく我々が得た性に関するイロイロ。セックスだけにとどめておくのは…

続きを読む