日々の言い分304

日々の言い分、としてエッセイを書いている。延々と、書き続ける。 だが、別エッセイも、沢山書いている。それで、もう一つ、エッセイを増やしたいと、思ったが・・・止めた。 これ以上になると、大変なことになる。死ぬまでに、一つも、何もかも、終わらないのである。 実は、韓国を徹底的に潰す、という、エッセイの準備をしていた。だが、止めた。参考文献は、多々ある。 それで、時々、この、日々の言い分の中で…

続きを読む

日々の言い分303

ポイント1.投資に適した立地の選定賃貸需要の高い土地を自社で仕入れる。その上でエリアのターゲットに最も支持されるプラン(間取りやコンセプト)をプランニングするポイント2.差別化できる建物・設備であること「劣化等級2級」の基準をクリアしたアパートを作ることで中長期の修繕費を抑える。また、一般的な単身者向け物件にはない2口コンロ、グリル、浴室TV、カラーモニターホンを標準装備し、競合物件と差別化する…

続きを読む

国を愛して何が悪い213

鎌倉仏教の祖師たちを脅かしたのは、様々な煩悩だけではない。推古朝以来、すでに七百年の伝統をもつ仏教が、末法の世を迎えたという絶望と、同時に深い徒労感に襲われたにちがいない。一体何のために、仏教にかくも心を労してきたのか。亀井 同じ時代に、仏教を否定する者が現れても、おかしくないのである。日本独自の、無神論が現れても、然るべき時代だったはずだ。 ところが、真っ向から、否定をする者は、いなかった…

続きを読む