神仏は妄想である526

シャカ仏陀の教えは、最初、上座部仏教と呼ばれていた。 その人たちは、洞窟、寺院に住み、徹底した、仏陀の教えを考えて、生活し、布教などは、しなかった。 つまり、社会と隔絶して生活し、それが元で、批判を受けるようになる。 それが、大乗仏教の起こりである。 つまり、在家の人々も、救われる仏教を目指した。 その志は、高いものだが、兎に角、節操なく、様々なものを、取り入れてしまった。 …

続きを読む

神仏は妄想である525

ただ今は、東方基督教と、ユダヤ人初期キリスト教である、景教と、仏教、特に、大乗仏教との、比較をしている。 その訳は、大乗仏典に、基督教の影響を見ているということである。 特に、法華経の中に入り込んだ、基督教の考え方である。 もう少し、掘り下げてみる。 仏教は、人が仏になるための、宗教である。 修行して、煩悩を断ち、仏になる。 基督教は、キリストの贖いによって、罪と滅び…

続きを読む

神仏は妄想である524

イエス・キリストと呼ばれた、ナザレのイエスは、ユダヤ教徒であり、ユダヤ教を改革するために、説教を繰り返した。 新約聖書の書かれる、イエスは、各作者の思いが入る。 実際に、イエスの言葉は、少ない。 現在のユダヤ教徒は、イエスを神の子として認めていない。だから、キリスト教とは、別物となる。 キリスト教は、作られたものである。 全く、創作されたもの。 イエスの弟子たちは、キ…

続きを読む