日々の言い分382

“玄米菜食”は、玄米を主食として、野菜や漬物や乾物などを副食とすることを基本としています。 独自の陰陽論を元に食材や調理法のバランスを考える食事法とのことですが、科学的な裏付けが明確でないものや、場合によっては、現在の医学や栄養学とは逆行するものも含まれているとのことです。 玄米菜食をガン治療の有効な代替療法として主張する医師や専門家は少なくないですが、私たちが玄米菜食に対して懐疑的な理由は…

続きを読む

日々の言い分381

一方で、北朝鮮側もあまり身勝手なことばかりしていると、その後が怖いこともわかっているはずです。米韓首脳会談の動きを当然知っているわけであり、そろそろ態度を明確にしないといけないと感じていることだけは確かでしょう。朝鮮中央通信によると、北朝鮮の最高人民会議(国会に相当)は、金委員長を再び国務委員長に推戴したようです。今後は北朝鮮側にも動きが出てくるでしょう。国際社会にその存在を示し続けないと、存在…

続きを読む

神仏は妄想である557

慧遠は、廬山が秀でるように、中国仏教界から、浄土宗始祖と尊ばれた。 その念仏結社は、僧俗の秀逸が多かったと言う。その影響は、大きく、確かに、中国浄土教史の初期に特記されている。 しかし、その結社が、般舟三昧経に依る限り、日本の浄土諸宗のような、他力本願でもなく、衆生をすべて救うという、全人類の救済を目指す、浄土往生教でもない。 それは、選ばれた賢人隠者の宗教である。 かつて、全人類を救う…

続きを読む