日々の言い分526

つい最近、経営破綻したレナウン、あなたも特徴的なコマーシャルを覚えているかもしれません。 ですが、実はレナウンも2010年にはすでに中国企業の子会社になっています。レナウンといえば日本のファッションブランドとしてグレードが高いと思っていたら、いつの間にか中国の子会社になっていたのです… それだけではありません。 2011年:三洋電機が白物家電を中国のハイアールへ売却NECがパソコン事業を中…

続きを読む

日々の言い分525

国家・民族への忠誠心こそ、最高の道徳であると信じていた日本国民は、GHQの数々の占領政策によって、大きく揺さぶられることになりました。 その結果どうなったか…? 自分たちはいかに非国民的であったかということを公然と誇るようになり、、、ことさら国を恨み、仲間を悪し様に罵り始め、、、しまいには日本人として生まれたことは恥であるとさえ信じるようになったのです、、、 価値は完全に逆転しました。 …

続きを読む

日々の言い分524

From 国際政治学者・藤井厳喜 そもそも論から行くと、なぜ他国の選挙にそこまで関心を持つのか?あるいは、もつ必要があるのか?という疑問が当然生まれて来るかと思います。大統領選挙は単なる選挙ではなく、「世界最大の権力者を選ぶもの」です。なので、選挙の結果次第で、世界中の政治や経済がものすごく大きく変わる。1971年にニクソン大統領が、金とドルの交換停止を発表しました。それで、1ドル=360円と…

続きを読む